鼻にきび対策

鼻にきび対策

鼻の毛穴掃除は大丈夫ですか?

鼻にきび 毛穴ケアはちゃんとやっていますか?
特に鼻の毛穴って、お手入れしていないと毛穴が黒ずんでしまい、見栄えもよくないですよね。
黒ずんだ毛穴に加えて、ニキビまで出来ていたら、ちょっと外出するのが億劫になってしまいます。

毛穴汚れはにきびが出来る原因の一つです。
毛穴にトラブルや汚れがあると、くすんで見えたり疲れているように見えたり、顔全体の印象は大きく左右されます。
皮脂の過剰分泌や毛穴周囲の角質が詰まったままだと、毛穴が詰まってしまい、鼻にきびの原因となります。

鼻にきびを予防するには、毛穴汚れを落とすための洗顔ですが、洗顔にも以外な落とし穴があります。
過剰に洗顔しすぎてしまうと、肌が乾燥してしまいます。
さらに、肌の乾燥を補うため皮脂腺が過剰に増大して、毛の周囲を盛り上げてしまい、毛穴が目立ってしまうのです。

また、皮脂腺の大きさには個人差がありますが、毛穴汚れを取っただけでは毛穴が小さくなるわけではないのです。

紫外線対策も必要です

鼻にきび鼻ニキビが出来る原因には、紫外線が原因となっているケースもあります。
鼻は顔のなかで一番とんがっている為、紫外線を大量に浴びており、常に外的刺激にさらされている状態だと、考えてください。

紫外線や、油分の多いファンデーションによって、実は鼻のてっぺんの肌の角質はだいぶ分厚くなっているのです。
コストパフォーマンスの良いファンでを選ぶならば、ファンデーションランキング等を参考にするのが良いでしょう。
肌の角質が分厚くなっているという事は、肌のターンオーバーが遅れて、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。
さらに、元来鼻は皮脂の分泌量が多い為、ニキビが出来てしまうのです。

赤く腫れ上がったニキビが顔に出来てしまうと、とっても目立ってしまい嫌ですよね。
ただ、鼻ニキビが出来てしまった時の外出時には、紫外線ケアを考えてくださいね。
紫外線対策をせずに、にきびに紫外線を大量に浴びせてしまうと、化膿してしまう可能性があります。

口の周りのニキビ原因

口にきび 口の周りにできるにきびは、中高校生の時期にTゾーン中心にできる思春期ニキビとはちょっと違います。
Tゾーンに出来る思春期にきびは、成長ホルモンの影響で皮脂分泌が増えて排出が追いつかないことが原因。

しかし、大人のニキビは皮脂分泌もある程度おちついた年齢(一般的に皮脂分泌が治まる25歳くらい)の人のあごや口の周りにできるニキビです。

ニキビが発生する原因は、肌のバリア機能が低下し、毛穴がふさがり、そこにアクネ菌が増殖して、大人のニキビが発生するのです。

口の周りのニキビ対策は、皮脂分泌がメインの原因ではないので、乾燥肌でも大人のニキビに対する注意が必要なのです。

生活習慣で口にニキビが出来る

口にきび口の周りにニキビが出来る人は、偏食気味の人が多いとも聞きます。
偏食がニキビの直接原因ではないですが、偏食により胃腸/肝臓機能が弱ると、口の周りにニキビが出来る事も考えられます。
心当たりがある場合は、ニキビという皮膚科的治療だけでなく、内科的治療も検討に入れて、考えたほうがいいかも知れません。

また、男性の場合は雑な髭剃りが影響している場合もあります。
濃いヒゲをシェービングしているうちに、皮膚まで削ぎ落としている事も・・・
そのような場合は、ヒゲ脱毛等を検討するのも一考です!!

さらに、無意識の癖として、アゴ肘をついて仕事をしている人、常に唇を触る癖のある人。
これらの行為もニキビが出来やすくなる原因の一つです。
自分では中々気が付かないものですから、周囲の人に自分にそのような癖がないか聞いてみるのも良いでしょう。

いずれにしろ、生活習慣が影響している可能性が高い口の周りのニキビですから、自分を見つめなおして、改善できる部分はドンドン改善していってしまいましょう!!

顔ダニ石鹸・洗顔料でニキビケア

顔ダニ石鹸・洗顔料でニキビケア

顔ダニが肌トラブルの原因になる

顔ダニって何だろう?って言われても、言葉のままです。
顔にいるダニの事です。
ちょっと信じがたいのですが、カーペットやベッドの中に寄生しているように、顔にもダニは寄生しています。
通常人間の目には見えないのですが、0.2~0.4mm程度の体長のダニが、顔に生息しているのです。

この「顔ダニ」(寄生虫)は肌の表面を荒らし、抜け毛や肌の老化、毛穴の広がりやニキビ、 シミ、肌の老化、皮膚炎、湿疹などを招いたりします。
「顔ダニ」は実は顔だけでなく、顔だけでなく肌全体のトラブルの原因の1つと考えられています。

顔ダニの正体

顔ダニ 成人の約98%は顔ダニを抱えているといわれています。
ですから、感染率からいったらほとんどの成人が感染されているといえます。

通常、顔ダニは人の顔に50万個程度の卵を産みつけ、約10日前後で孵化させます。
驚くのはその繁殖スピードで、適切な処置を施さないと、体全体に顔ダニが繁殖するまでに20日前後となります。

顔ダニの栄養源は、毛根の養分を吸って生きていこうとするので、あなたの顔面の気孔、鼻、頬、あご、また特にマツゲの根元といった毛嚢の中にもぐりこみ、毛穴から毛根へ到達しようとします。
その為、顔ダニが大量に発生すると、肌荒れに繋がってしまうのです。

顔ダニ石鹸でこまめにお手入れを

顔ダニ石鹸顔ダニは、毛根の養分をエサとするため、肌荒れニキビを引き起こすだけでなく、髪の毛の抜け毛などにも影響を与えることもあります。
毛根の細胞レベルにダメージを与えるので、結構厄介な存在ではあります。

顔ダニは、ほとんどの人の顔に生息しているといって間違いないのですが、繁殖させなければ通常は問題ありません。
対策としては、ニキビ用洗顔料を利用するとか、顔ダニ石鹸などでクレンジングするとかを心がけるといいでしょう。
ニキビ・肌荒れが出来ていないのであれば、それ程気にする必要はありません。

頭皮にきびで悩むあなたへ

頭皮ニキビ頭皮にニキビが出来て困っている人も多いです。
頭皮は髪の毛で覆われているので、頭皮の状態を見ることはほとんどないと思いますが、皮脂の分泌が非常に多く、頭皮の毛穴は脂が溜まっています。

その為、皮脂の分泌量に刺激されやすいニキビが頭皮に出来ても不思議ではないのです。

頭皮ニキビ・かゆみ対策

まず、すぐに始められる事として、シャンプー習慣を見直してみましょう。
皮脂を減らそうとするあまり、たっぷりシャンプーをつけて髪の毛を朝晩洗ったりしていませんか?

頭皮のニキビや湿疹を抱えている人の多くは、『頭皮を清潔に保つ=シャンプー』と決め付けているようですが、実はシャンプーはあまり使わないほうが良かったりします。

シャンプーをし過ぎてしまうと、一時的には頭皮の脂分を洗い流せるのですが、元々皮脂体質の頭皮はより一層脂分を放出しようと頑張ってしまうのです。
その為、出来る事ならば2回に1回は、お湯だけで洗髪をするのも効果的です。
お湯だけの洗髪でも、十分頭皮の脂や汚れを洗い流せるので、なるべくならばシャンプーの使いすぎには気をつけましょう。

シャンプーの見直しを

頭皮ニキビ頭皮のにきびは、シャンプー残りなどで毛穴に汚れが詰まり、頭皮が炎症を起こす事から始まる事もあります。
ですから、シャンプー後はかならず、よくすすぎシャンプーの成分を頭皮に残さないようにしてください。
また、洗い流す時に胸や背中などにも残留液が付着しないように気をつけましょう。

さらに、頻繁に頭皮ににきびが発生するようであれば、一度今お使いのシャンプーを疑ってみましょう。
そして、なるべく頭皮の刺激を減らすという意味でも、頭を洗う時にはなるべくシャンプーを泡立ててから、頭皮に付ける等のちょっとした気配りでにきびが改善するケースもあります。
私が使ってみた中で一番効果のあったシャンプーは、利尻頭皮クレンジングです。

肌荒れニキビの原因

肌荒れニキビの原因

肌荒れニキビ対策

肌荒れやニキビの原因として考えられるものはたくさんあります。
例えば、ストレス/生理/妊娠/化粧/食べ物/便秘/花粉・・・などが肌荒れの原因としてあげられる人が多いです。

にきびは、脂腺の働きが活発になって毛穴の中に皮脂や角質が詰まり、そこにアクネ桿菌が炎症を起こしてニキビとなります。

このアクネ桿菌という菌は、人の皮膚に存在している常在菌で、空気が少なく脂肪の多いところを好むといった特徴を持った、ニキビ発生をしやすくする菌です。
このニキビ菌が炎症を起こすと、お肌が荒れて、化膿してニキビとして肌の表面に出て来るのです。

紫外線対策も重要

肌荒れニキビ 紫外線とは上手に付き合いましょうね。
紫外線には殺菌作用とかあるので、上手に付き合えばいい事があるのですが、紫外線を浴びすぎると乾燥肌の原因となります。
基本的に、紫外線は肌の中にあるコラーゲンを破壊してしまうのです。

コラーゲンが破壊されてしまうと、新陳代謝が遅れ、古く乾燥した角質が表面にいつまでも居座り続けてしまうのです。
水分不足の角質がはがれず重なって肌にとどまる状態は見た目にもガサガサして透明感もなく、くすんでみえます。
そして、コラーゲンが壊され続ければ、当然肌のハリも失ってしまいます。

人気化粧水ランキング等を参考にして、保湿ケアは必須です。
紫外線が肌に与えるダメージは、シミだけでなく乾燥、シワ、たるみまでも引き起こし、あらゆる肌荒れの悩みへとつながります。
肌荒れ改善を目指すなら、紫外線対策は必須条件と言えるでしょう。

肌荒れ改善用サプリメントは何がベスト?

多くの肌トラブルはターンオーバーがうまく機能しないためにおこります。
ニキビなどはターンオーバーが乱れて角質細胞が毛穴をふさいでしまうためにできてしまいます。
ターンオーバーがしっかり機能してフレッシュな細胞がどんどん作られれば肌あれや乾燥肌にも悩まされることはなくなります。

ですから、新陳代謝を活性化させる成分の入ったサプリメントが良いでしょう。
例えば、コラーゲンやコエンザイムQ10にはお肌の細胞を活性化してターンオーバーを正常化する働きがある為、肌荒れ対策のサプリメントとしては有効でしょう。

乾燥肌のニキビ対策

乾燥肌にきび 乾燥肌なのににきびが出来てしまう。。。
「普通は脂性の肌体質の人がニキビが出来るはずなのに・・・何でだろう~??」って気持ちになりますが、大人になってからのニキビにはそのようなケースが多いのも特徴です。

乾燥肌なのにニキビが出来る原因は、肌がなんとか乾燥を改善しようとして、皮脂を普段よりも余分に分泌させることに原因があります。

このように皮脂を余分に出しているのに、乾燥肌だからといって、さらにクリームや乳液といった脂性のスキンケアアイテムをたくさん使用していると、間違いなくニキビが発生してくると言っても過言ではありません。

ですから、乾燥肌の場合は良質の化粧水と美容液を組み合わせて、肌をしっかり補水・保湿することだけをケアすることが大切です。
継続していくうちに徐々に乾燥が改善され、それにともなって皮脂の分泌量が正常な状態に近づいていきます。

肌体質を見極めてにきびケア

人の肌質は、皮脂肌タイプ、乾燥肌タイプと混合肌に分別できます。
一般的にニキビは皮脂の過剰分泌が原因だと思われがちですが、それは思春期の10代に限った話。
乾燥肌タイプの人が、皮脂肌タイプのお手入れをすると、余計にニキビを増やす可能性があるので注意が必要です。

あと、ニキビは体の中のケアも大切になってきます。
睡眠を良くとること、食生活では炎症や皮脂酸化を抑えるビタミンCやE(豆類)、角層を整えるカルシウムや整腸作用のある食物繊維をとることをおすすめします。

メイクは毛穴をふさがないように、ファンデーションを軽くされるのがオススメです。

保湿成分として注目のヒアルロン酸

ヒアルロン酸 美容業界などで注目されているヒアルロン酸
20歳をピークに減る一方の成分である為、ヒアルロン酸注射やサプリメントによって、体内に取り入れることで、肌の張りを保つことができるのです。

また、コラーゲンも非常に重要であり、例えばプルオイのようなサプリメントを食事の時に摂取する事は非常に効果的です。
乾燥肌なのにニキビが出来るという悩みを抱えている人は、化粧水で保湿を保とうとするのではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンを体内に取り入れる事で乾燥肌を防ぐ事を考えると、ニキビも自然と減少するので、一度試してみるといいでしょう。