食べ物でニキビを治す

ニキビと食事

簡単!野菜食レシピ

忙しいあなたでもOK。10分で作れるお手軽簡単野菜レシピをご紹介。体の中からニキビのもとをやっつけよう。

トマトのグリル
•1 トマトを輪切りにカットします。
•2 塩を振って、オリーブオイルをかけてグリルで焼いて出来上がり。

とっても甘くておいしい「トマトのグリル」です。

おいしっくす(oisix)では「塩トマト」なるものがあるそうです。

白菜とシメジのスープ
•1 白菜を1口大にカットします。
•2 シメジをばらします。
•3 鍋に水とコンソメと白菜を入れて火にかけます。
•4 煮たってきたら、塩コショウで味付けをします。
•5 シメジを入れて、サっと火をとおしたら完成です。

ベーコンを入れると、一層味が引き立ちます。

おいしっくすの白菜とシメジはうま味が強いですよ。

ベビーリーフと豆腐のサラダ
•1 ベビーリーフと豆腐を食べやすい大きさにカットして混ぜ合わせます。
•2 かつおぶしと和風ドレッシングをかけて完成です。

簡単だけどおいしい♪

ベビーリーフはおいしっくすで手に入りますよ。

おいしい野菜料理には、素材のいい野菜が欠かせませんね。Oisix(おいしっくす)なら、安心で質の良い国産野菜が格安で手に入ります。体に優しい野菜で、ニキビを治してくださいね。

食物繊維とビタミンCでニキビ改善

お通じとニキビ

『お通じが悪くなると、ニキビの原因になる』。こんな話を聞いたことはありませんか?

実は、あながちウソではないんですよ。お通じが悪いときは、体内で活性酸素が作られるんです。それもそのはず、便からは毒素が排出されますから、体内に残っていては毒素を中和するために活性酸素が作りだされるのでしょう。

活性酸素はお肌の大敵です。肌細胞がダメージを受けて毛穴の詰まりを起こしたり、肌の抵抗力を下げてニキビの原因に。お通じを良くすることは、ニキビ予防にも役立つんですね。それに、ダイエットにもなりますよ。お通じが悪いと肌が荒れると言いますが、女性も男性も同じなんです。

食物繊維が豊富な食べ物ランキングベスト10

可食部100グラム当たりに食物繊維が多く含まれる食べ物ベスト10です。
•1位 キクラゲ黒 74.2g
•2位 干しヒジキ 54.9g
•3位 干しシイタケ 43.4g
•4位 乾燥もののカンピョウ 25.8g
•5位 インゲン豆 19.8g
•6位 乾燥ものの切り干し大根 17.9g
•7位 きな粉 17.1g
•8位 乾燥ものの小豆 16.0g
•9位 乾燥ものの大豆 15.0g
•10位 干し柿 10.8g

どうでしょう?

キクラゲやヒジキなんて、100グラムも食べられれないと感じますよね。キクラゲは、スーパーで売っているもの1袋が50~100グラムぐらいですし、ヒジキの100グラムなんて山のようです!

そこで、普段私たちが食べている量を考えたランキングはこちらになります。
•1位 糸引き納豆 50g中4.8g
•2位 干しソバ 100g中4.7g
•2位 おから 50g中4.7g
•4位 甘栗 60g中4.2g
•5位 インゲン豆 19.8g
•6位 トウモロコシ 200g中4.0g
•6位 インゲン豆(乾燥) 20g中4.0g
•8位 オートミール 50g中3.8g
•9位 小豆(乾燥) 20g中3.2g
•10位 ポテトチップ 90g中3.1g

ここで気をつけたいのが、ポテトチップです。ポテトチップはいも(炭水化物)+油のコラボですから、糖類と脂質がミックスされたものです。食べ過ぎると、逆にニキビの原因にもなります。ポテトチップス90グラム(約1袋半)のカロリーは、300~400kcal。ご飯茶わんで1~2杯分はあるんですよ。

ビタミンCで肌を整える

フルーツにたっぷり含まれるビタミンCには、お肌を整える効果があります。というのも、お肌に大事なコラーゲンを作るためには、ビタミンCが欠かせません。肌荒れがニキビの原因になるとすると、お肌はしっかりと整えておきたいですね。

なお、ビタミンCの1日の必要量は100mg。摂り過ぎると体外に排出されますので、たくさんとってもあまり意味はありませんよ。

ビタミンCを多く含む食べ物ランキングベスト10

可食部100グラム当たりのビタミンC含有量が多い食品はコレ!
•アセロラ 1700mg
•赤ピーマン 170mg
•めキャベツ 160mg
•黄ピーマン 150mg
•ゆず 150mg
•パセリ 120mg
•レモン 100mg
•青ピーマン 76mg
•柿 70mg
•キウイフルーツ 69mg

食物繊維とビタミンCを効率よく摂取するなら、野菜が欠かせませんよ。Oisix(おいしっくす)なら、安心で質の良い国産野菜が格安で手に入ります。体に優しい野菜で、ニキビを治してくださいね。

カロリー計算でニキビを増やさない

カロリー管理をしてみよう

過剰なカロリー摂取は、中性脂肪のもと。中性脂肪が増えるとニキビだって増えるかもしれませんよね。そこで、自分が1日必要なカロリーの目安を知って不必要なカロリーは摂取しないようにしてみませんか?

カロリーの摂取量はどれくらい?

一般的な成人の摂取カロリーの目安は、だいたい1800kcal~2200kcal前後です。しかしこれは目安であって、男女によっても違いますし、年代によっても違います。仕事で体をよく動かすなら消費カロリーは増えますし、年齢が若ければ体の代謝が活発なので基礎代謝量が多くカロリーも多く消費されます。

また、体の大きさや筋肉の量によっても消費カロリーは変わるので、一般的に女性よりも男性の方が基礎代謝量は高くなります。

摂取カロリーの目安

男女別、年代別、労働別の摂取カロリーの目安

•軽い:デスクワーク、家にいる主婦など
•中程度:立ち仕事や営業
•やや重い:1日1時間程度運動する人、農業、漁業などのをしている人
•重い:1日1~2時間激しい運動をする人。建設業・宅配業など

女性
年代 作業量
軽い 中程度 やや重い 思い
20代 1800kcal 2000kcal 2400kcal 2800kcal
30代 1750kcal 2000kcal 2350kcal 2750kcal
40代 1700kcal 1950kcal 2300kcal 2700kcal

男性
年代 作業量
軽い 中程度 やや重い 思い
20代 2250kcal 2550kcal 3050kcal 3550kcal
30代 2200kcal 2500kcal 3000kcal 3500kcal
40代 2150kcal 2400kcal 2900kcal 3400kcal

成人の一日の必要摂取カロリーを計算してみよう

自分の必要摂取カロリーを知ることは、ダイエットにもニキビ予防にもつながりますよ。

標準体重から計算する方法

『身長(m)x身長(m)x22』の計算式で自分の標準体重を計算してから、25~30をかけて摂取カロリーを算定します。

例えば、身長が170cmなら標準体重は
1.70 x 1.70 x 22 = 63.58
なので、約63.5kgが標準体重となり、これに25~30をかけたものが一日に必要な摂取カロリーです。

63.5kg x 25 =1587(kcal)
63.5kg x 30 =1905(kcal)

おおよそ1587~1905kcalが基礎代謝に必要なカロリーとなります。

目標体重から計算する方法

目標体重に25~30をかけたものが、一日の必要摂取カロリーとなります。ダイエットをするときは、こちらで計算してみてくださいね。

目標体重が52kgなら

50kg x 25 =1250(kcal)
50kg x 30 =1500(kcal)

目標体重に対しての必要摂取カロリーは一日あたり1250~1500kcalとなります。

低カロリー食なら、野菜中心の食生活がベスト。Oisix(おいしっくす)なら、安心で質の良い国産野菜が格安で手に入ります。体に優しい野菜で、ニキビを治してくださいね。

食事を見直そう

ニキビ治しは食事から

ニキビの原因の多くは、普段の生活の中にあることをご存じでしたか?

ニキビの原因は、食生活・睡眠・運動・ストレスなどがありますが、中でも、私たちが必ず行うのは「食べる」ことです。今の食生活を見直すことが、そのニキビの改善・予防につながります。

ニキビ予防に良し悪し食事ランキング

ニキビ予防にいい食材と悪い食材をランキング形式でお届けします。ニキビを改善する食生活にお役立てください。(危険度の数字が低いほどニキビによい食事、大きいほどニキビに悪い食事)

ニキビ危険度 食材
危険度1 豆腐、納豆、おから、モヤシ、エンドウ豆、キノコ類、緑黄色野菜(ニンジン、ホウレン草、小松菜、ピーマン、カボチャ、ブロッコリーなど)、海藻類(昆布、ノリ、ヒジキ、ワカメなど)、トビウオ、イサキ、イトヨリ、カレイ、キス、シラウオ、スズキ、タイ、ヒラメ、メバル、ワカサギ、コンニャク、シラタキ、スキムミルク、卵白、漢方茶、健康茶、ハーブティー、ミネラルウォーター
危険度2 緑黄色野菜以外の野菜、ゴマ、ヒマワリの種、アワ、大麦、キビ、玄米、小麦、イチゴ、梅、スイカ、レモン、アジ、イボダイ、イワシ、カジキ、カツオ、カマス、ナマコ、ローファットミルク(低脂肪乳)
危険度3 ジャガイモ、イモ、里芋、サツマイモ、銀杏、栗、精白米、うどん、イチジク、オレンジ、キウイ、ナシ、メロン、パイナップル、カンパチ、サケ、カニ、タコ、イノシシ、ウサギ、カモ、キジ、子牛、若鶏、ブタ(脂身なし)
危険度4 柿、マンゴー、ギンダラ、サバ、サンマ、イカ、エビ、シャコ、牛フィレ、鶏モモ、スパゲッティ、そば、マカロニ、かまぼこ、竹輪、はんぺん、コーヒー、紅茶、緑茶
危険度5 落花生、アーモンド、胡桃(クルミ)、バナナ、アナゴ、ウナギ、マグロ脂身、イクラ、ウニ、カニミソ、スジコ、牛ロース、豚ロース、鶏の手羽、パン、マーガリン、(植物性油の多い)マヨネーズ、和菓子、果汁ジュース、清涼飲料水、砂糖、はちみつ、ラーメン
危険度6 牛脂身、豚脂身、ソーセージ、ハム、ベーコン、バター、クリーム、ラード、カレー、洋菓子、アルコール、チョコレート、ココア、マヨネーズ、食塩、こしょう、辛子、缶詰類、くんせい類、インスタント食品、ファーストフード

体の中からニキビを治すなら、野菜中心の食生活がベスト。Oisix(おいしっくす)なら、安心で質の良い国産野菜が格安で手に入ります。体に優しい野菜で、ニキビを治してくださいね。

食べ物とニキビの原因

ニキビと食事

炭水化物

炭水化物の取り過ぎにも注意
炭水化物は、私たちのエネルギー源として重要な栄養素。でも、バクバクと食べ過ぎるとアウト! 炭水化物は、体の中でブドウ糖に変換されてエネルギーとして活躍します。けれども、消費されなかったブドウ糖は、中性脂肪に変えられて皮脂の原因になるんですよ。皮脂が増えたら、お肌が汚れたり毛穴が詰まってニキビの原因になってしまいます。食べすぎには気をつけてくださいね。
炭水化物を含む食べ物

白米

チャーハンはたっぷりの白米と油を使っているので注意!

パン

小麦にも炭水化物が含まれます。バターやジャムと一緒に食べると中性脂肪が心配ですね。白米よりも、脂肪分になりやすいのでご注意を。

麺類

小麦から作られる麺類も炭水化物がたっぷりです。もちろんマカロニも。

イモ類

ポテトチップスやフライドポテトは、ニキビを作ってくださいと言っているようなものですよ。

トウモロコシ

これは意外。ポップコーンやコーンフレークを食べすぎていませんか?

炭水化物は、穀物類に多く含まれているんですね。程よく食べましょう。

油っぽい食べ物

脂っぽいものとニキビの関係

甘いものと同じく、脂っぽいものも肥満だけではなくニキビの原因になってしまうんです。ファストフードやコンビニ弁当ばかり食べている方は、要注意ですよ。

脂っぽいものと中性脂肪

体内に取り込まれた食べ物は、私たちのエネルギー源として使えるように脂肪酸に作りかえられます。普通なら、日常生活でエネルギーとして消費される脂肪酸も、過剰に摂取されては消費しきれません。エネルギーとして利用されずに余った脂肪酸は、中性脂肪として体内に貯蓄されます。

中性脂肪とニキビ

中性脂肪は、体内に貯まるだけではなく、血液と一緒に体内を巡ります。末梢血管を通って皮膚付近に到達した脂肪分は皮脂の分泌を増やしてしまい、皮脂が空気と触れて酸化したり毛穴を塞ぐことで、ニキビの原因になってしまいます。

油分はなるべく控える

つまり、油分を過剰に摂取するとニキビの原因になりやすいんですね。だからといって、油が全てダメというわけではありません。油には「お腹の持ち」を良くしてくれる働きがあるので、適度に摂取しておかないと間食したくなるかも。間食で甘い物を食べると、ニキビの原因になりますよ。

甘い食べ物

甘い食べ物とニキビの関係

どうしても食べたくなるスイーツ。疲れたときや3時のおやつに手が伸びてしまうことがよくありますよね。甘い食べ物もニキビの原因になることは有名な話。ところで、なぜニキビの原因になるのかご存じですか?

甘い食べ物と中性脂肪

体内に取り込まれた食べ物は、そのままでは生体維持に必要なエネルギーとして利用されません。食べたものは、ブドウ糖や脂肪酸などに作りかえられて私たちのエネルギーとして活躍します。

しかし、過剰に摂取されて作られたブドウ糖や脂肪酸は、体内のエネルギーとして利用されずに余ってしまいます。すると、いつでもエネルギーとして使えるように中性脂肪に形を変えて、体内に貯まっていきます。

甘い食べ物には、たくさんの糖分が含まれていますよね。とってもカロリー(=エネルギー)が高い甘いものを取り過ぎると、エネルギーとして消費できなかった分は中性脂肪として体内をさまよったり蓄えられたりします。食べた分運動すればいいのですが、簡単にはいきませんよね。

中性脂肪とニキビ

中性脂肪は、いわゆる「汚れ」みたいなもの。この中性脂肪が血液と一緒に体内をめぐり、皮脂の分泌を増やしてしまいます。お肌表面に増えた皮脂は、空気と触れて酸化して毛穴を塞いで毛孔から出ようとする皮脂の行き場を無くしてニキビの原因になってしまいます。

どうしても食べたいなら和菓子をどうぞ

洋菓子は、バターや生クリームがたっぷり含まれていますね。バターや生クリームなど動物性脂肪と糖分を一緒に摂ると、どれだけ多くの中性脂肪が体内で作られるか想像できますよね。

しかし、和菓子ならバターや生クリームなどの動物性脂肪を使わず、糖分だけ。ですから、洋菓子と比べると和菓子の方中性脂肪が作られにくくなるんです。ただし、「生どら」のように生クリームを使った和洋折衷な和菓子は要注意ですよ。

一日に摂取できる糖分はどのくらい?

1日に摂取可能な糖分は50グラム以下です。これは、糖質(炭水化物)とは別で、甘味料として摂取できる糖分であり、おおよその目安は下の表をご覧ください。

品名 量 糖分
栄養ドリンク 100g 25g
炭酸飲料 500g 50g
スポーツドリンク 500g 35g
葡萄 1房200g 38g
りんご 1個190g 25g
なし 1個180g 20g
グレープフルーツ 1個180g 18g

50グラム以上摂ると、体に入った糖分は脂肪に変わり内臓脂肪となります。上の表を見ると、過剰に摂取していることに気付きますね。なお、糖分1グラムは4kcal相当。甘味料は1日に200kcalまでと考えておくと、分かりやすいですよ。

食品添加物

食品添加物とは

食品添加物は、食品を製造するときに、食品の保存性を高めて長持ちさせたり、味や色合いを良くするために使われていますね。食品のパッケージの裏面を見てみましょう。「甘味料」「着色料」「香料」「保存料」「酸化防止剤」など書かれていませんか?他にも、カタカナでなんだかワケの分からないものも入っているでしょう。これらが、食品添加物です。

食品添加物がニキビの敵になる

では、なぜ、食品添加物がニキビの原因となるのでしょうか?その理由は、活性酸素にありました。 活性酸素の働きは、私たちの体の中に進入したウィルスや菌を退治することですが、必要以上に作られると、勢い余って菌やウィルスだけじゃなくわたしたちの細胞まで攻撃してしまいます。

食品添加物は、体にとってあまり好ましいものではありません。食品添加物が体内に入ると、体は解毒しようとして活性酸素をたくさん作りだし、健全な細胞を傷つけたり皮脂を酸化させて毛穴に詰まったりすることでニキビの原因になってしまいます。

活性酸素は、食べ物を食べるとどうしても発生するので、ゼロにすることはできません。食べ物をエネルギーに代謝する過程で、必ず作りだされます。ですから、なるべく活性酸素を作り出さないように、食品添加物が含まれていない無添加食品を口にすることが好ましいのです。

無添加食材を探すのは難しい

スーパーなどで売られている食材のほとんどに、食品添加物が使われています。「売られているもので無添加のものは無いんじゃ?」といってもいいくらい、食品添加物が使われています。一度、ご自宅の食材の裏面をご覧になってみてください。食品添加物を使った食材の多さに驚くはずです。

多くは、化学合成された食品添加物が使われていますが、良質な食品は、天然素材由来の添加物を利用しています。天然素材だけで作られたものなら安心。保存性を良くするために使われる「塩」でさえ、添加物なんですよ。

無添加食材の極み「おいしっくす(oisix)」

あなたは、「できるだけ、食品添加物を口にしたくない」と思ったことでしょう。ところで、おいしっくす(oisix)をご存じですか?

おいしっくす(oisix)は、安全で安心な食材を食卓に届けるために、農薬や化学肥料を使わないで自然たっぷりに育てた食材を宅配しているサービスです。食事でニキビ予防をするなら、野菜中心の食生活と無添加食材を選ぶことが大切です。おいしっくす(oisix)なら、野菜食と無添加の両方を兼ね備えた、まさにニキビ予防にうってつけの食べ物が格安で手に入るんですよ。1週間に1食からでもいいので、まずは野菜食を取り入れてきれいなお肌作りをしてみませんか?