新生児のにきび

新生児のにきび

新生児のにきび

新生児の汗疹

新生児にきび 生まれたての赤ちゃんって、本当に汗っかきなんです。
新生児を汗疹だらけから救う手は、汗の成分を残さない事です。

汗というのは、アンモニアや雑菌ですが、赤ちゃんが汗だくになっていたら、乾いたタオルで拭くよりも、体温より高いお湯で搾ったおしぼりで脇や胸腹部首の後ろなど拭いてあげるのが一番です。

また、シャワーなどで行水をしたりするのも効果的。
ただ、ウエットティッシュだと、意外と汗の成分は残りやすいので、出来ればお母さんも一緒に行水してしまうのがいいでしょう。

お母さんが汗だくでは、どうにもなりませんからね。

新生児のにきび対策

生後~3ヶ月目くらいまでの新生児は、ホルモンの分泌で顔にニキビが出来やすい体質になっています。
にきびの炎症がひどく、赤く腫れあがっていたり、化膿している場合は、軟膏などを塗ってやる必要があります。
ただ、新生児の肌は非常に敏感なので、大人がつけているようなステロイド系の軟膏はくれぐれも勘弁してください。
基本的に、新生児のにきびは成長段階でホルモンバランスが一時的に崩れているだけなので、自然に治癒すると思いますが、ご心配な場合は皮膚科へ相談されるのがベストです。

赤ちゃんは痒い?

親の立場からすると、自分の子供ににきびができていると心配になるのですが、当の本人は、特に痒みもなく、実はそれ程気にしていないのです。
新生児がニキビが出来やすいのは、お腹にいた時のお母さんのホルモンの影響が残っているからだといわれています。
お母さんのホルモンが新生児の脂腺を刺激して、皮脂が盛んに分泌されるから、新生児所の体内でのホルモンバランスが崩れてニキビが出来るのです。

赤ちゃんの肌荒れ

赤ちゃんの肌荒れってなんだか悲しい気分になりますよね。
本来なら、赤ちゃんの時ってヒアルロン酸をたっぷり体内に保持しているから、プルプルモチモチのお肌のはずが、何故か我が子だけ、ニキビが出来ていたり、肌荒れでガサガサしていたりしている・・・・

赤ちゃんの頃は、写真もたくさん撮るし、親戚一堂が赤ちゃんの成長を楽しみに待っていてくれる。
大人になったら、体重増えても喜ばないのに、何故か赤ちゃんの場合は、体重が増えると皆で喜んでくれる。

ベビーカーに気をつけて

顔だけでなく、背中やお尻など全身にニキビが出来ているようでしたら、まずは赤ちゃんが普段生活している場所を確認してください。
例えば、ベビーカーやベッド、チャイルドシートなどもそうです。
ジメジメ湿っぽくなっていたりなっていませんか?

赤ちゃん肌荒れ 別に、空気中の湿気を含まなくても、赤ちゃんが座っていたら、汗をたくさんかいているので、普段赤ちゃんが生活している場所というのは、赤ちゃん自身の汗で湿っぽくなってしまうのです。

考えてみてください。

お母さんや、お父さんは、一日中同じ場所に居る事ってないですよね。
家の中で、定位置があるといっても、日中は色々家の中で動き回っているし、蒸してくれば無意識のうちに換気しているのです。

ところが、まだヨチヨチ歩きの赤ちゃんの場合は、移動範囲がおそろしく狭いので、赤ちゃんのいるところは湿気があると考えてください。

赤ちゃんは体温調整がへたくそ

赤ちゃんは体温調整がへたくそだから、冷房はよくないといわれています。
ただ、高温で汗をだくだくかかせておくのはもっとよくないので、除湿に気をつけて、コマメニ衣類を取り替え、水浴びをたくさんするように心がけるといいでしょう。
そして、赤ちゃんが寝ていたベッドシートやベビーカーなどは、太陽にあてて湿気を取り除いて上げましょう。

まだ免疫力がない赤ちゃんのうちから、ニキビや肌荒れだからといって、薬をのませたり、軟膏を塗ったりするのは、極力避けたいものですね。
まずは、赤ちゃんの肌荒れには環境改善から取り組むのがいいでしょう!!