ニキビの関連情報

ニキビの関連情報

ニキビの関連情報

毛穴・にきび跡を綺麗にする方法

開ききった毛穴や出来てしまったにきび跡には、やはりプロのテクニックが必要です。こういった場合に特に効果的な対策として挙げられるのは、ケミカルピーリングです。ケミカルピーリングなら、開いた毛穴やにきび跡、炎症を起こしているにきびに高い効果が期待できます。実際ケミカルピーリングを行なっている所は、エステティックサロンか美容整形外科、皮膚科などの医療機関など様々ありますが、お勧めなのは医療機関での施術です。

ケミカルピーリングは強い酸を使って行なうので、医療機関で行なう場合も施術は一度ではなく数回に分けて行ないます。毛穴やにきび跡の治療の場合、平均3回から6回程度の施術が必要となり、症状がひどい場合は更に回数を重ねていきます。ただケミカルピーリングを受ける場合は、季節を考えなければいけません。ケミカルピーリング後は皮膚がむき出しの状態になっているため、ちょっとした紫外線でもすぐに色素沈着を起こしてしまいます。そのため毛穴とにきび痕対策に乗り出すのは、夏を過ぎてからがオススメです。

開いた毛穴やにきび跡をセルフケアでカバーするには、やはり限界があります。特にニキビ跡の治療は難しく、にきびの初期段階なら自分で治すことも可能ですが、ニキビ跡になってしまってからでは、化粧品や生活を変えたぐらいでは劇的な改善は見込めません。

なお、エステティックサロンでもケミカルピーリングは受けられますが、法的には認められていません。そのため施術に使う酸の成分には制限があり、エステでのケミカルピーリングでは医療機関のような劇的な効果は期待できないでしょう。しかも料金が安いというわけではないので、同じケミカルピーリングをうけるなら医療機関で受けることを断然お勧めします。開ききって硬化した毛穴やにきび跡は、美容トラブルの中でも非常に厄介なものです。そのため、医療機関で専門医にしっかり診て貰うのが、一番効果的に毛穴やにきび跡を改善できます。

日馬富士とにきび

日馬富士はにきびに悩む一人ですが、日馬富士に限らず、スポーツをする方はにきびと深い関係にあります。普段運動をしない人と比べ、スポーツマンは毎日長時間身体を動かしているため、汗をかく量も一般の人とは比べ物にならないほど多くなります。それはつまり皮脂線が常に活動している状態なので、当然にきびが出来やすいといえます。

もちろん、スポーツをやっている人のすべてがにきびに悩んでいるというわけではありません。汗をかく量よりも、問題なのは洗顔の回数なのです。にきびが出来た=こまめに洗顔する、というのは間違った考えです。洗顔料をつかった洗顔というは、肌と皮脂線を刺激してしまうので洗顔後、過剰に皮脂が分泌されてしまいます。なので、日馬富士のように稽古を終えて汗をかく度に顔を洗っているようなスポーツマンは、更に皮脂線の分泌量が過剰に多い状態に陥ってしまうのです。

ならば洗顔を減らせばいいのかというと、汗をかいたままの肌を放っておくのはにきびの原因になります。ならばどうしたらいいのでしょう?解決策としては、赤ちゃん用や敏感肌用の低刺激の洗顔料とスキンケア用品を使うということです。肌に刺激を与えないようにしながらきちんとにきびケアし、顔を出来るだけ清潔に保つようにしましょう。

なお、日馬富士=ニキビというイメージはすっかり定着してしまい、いまではトレードマークのようになっています。日馬富士本人は真剣にニキビに悩んでいるのかもしれませんが、先日も高砂部屋の横綱朝青龍が日馬富士のにきび対策としてプチローラーと美顔器をプレゼントしたなどと、日馬富士のにきび関連の話題は尽きることがありません。ちなみに朝青龍が日馬富士ににきびケア用品をプレゼントしたのは、優勝祝いとしてです。弟分の日馬富士のにきびが、朝青龍も気になったのでしょうか。

里田まいとにきび

人間はストレスの影響を受けやすいという特徴があります。どんなに些細なことでもストレスになりますし、「ストレスを感じないようにしよう!」と意識することもストレスになってしまいます。にきびが厄介なのは、そんなストレスですぐに症状を悪化させることです。鏡をのぞくたびににきびがあっては、それがまたストレスになってしまいます。そのストレスにより、新たなにきびが…なんて悪循環にもなりかねません。

里田まいも、そんなにきびに悩む女性タレントの1人です。里田まいはにきびを作らないようにするため、ストレスを感じないよう気をつけて生活しているといいます。にきびに悩み医師に相談したところ、いきなり治そうと焦らず、時間をかけて徐々に改善していけばいいと、アドバイスを受けたからです。そのアドバイスを素直に受け、里田まいは悩み過ぎないようにしているのだといいます。ニキビは気にするとキリがありません。気になるとつい触ってしまったり、お化粧でごまかそうとしたりしてしまい、逆にニキビを悪化させてしまいます。時にはにきびのできた自分の肌をあるがまま受け止める、そんな姿勢も大切なのです。

なお、里田まいは自身のブログの中でも、にきびについて触れています。ブログにはにきびに専用のクリームを塗る里田まいの写真がアップされていることもあります。にきびの話もタブーとしないのは、医師のアドバイスと彼女らしい天真爛漫さゆえでしょう。里田まいのにきびは定期的に発生する慢性にきびのようで、皮膚科に通って治療しているのだそうです。医師と相談し、徐々に治していこうとがんばっているのだとか。里田まいに限らず、にきびに悩んでいる人は、タレントさんの中にも大勢いるのです。

眞鍋かをりとにきび

現在、眞鍋かをりはプロアクティブのCMのイメージガールを務めています。綺麗な肌をしている眞鍋かをりですが、彼女も昔はにきびに悩む女性の一人でした。眞鍋かをりはにきびをプロアクティブで改善し、彼女の劇的な変化でプロアクティブは突如有名になり、大勢の愛用者を抱えることになりました。

プロアクティブの宣伝で、眞鍋かをりのにきびについての過去はすっかり有名ですよね。眞鍋かをり自身、にきびに悩んでいた辛い過去を、プロアクティブの宣伝で赤裸々にカミングアウトしています。「テレビに映るのが辛かった・・・」と語る彼女の昔の映像を見ると、確かに細かいにきびがかなり目立ちます。一般の人でさえにきびを人前にさらすのに抵抗があるのですから、タレントである眞鍋かをりは余計に辛い思いをしていたはずです。

そんな眞鍋かをりをニキビの悩みから開放したプロアクティブは、実際のところホントに効果があるのでしょうか?プロアクティブなどの化粧品類は、個人差があるため一概に良い、悪いとはいえないところがあります。長年悩んでいたにきびが改善された、という方もいれば、刺激が強すぎて逆に乾燥肌になった、という方もいます。やはりプロアクティブも他の化粧品類同様、効き目には個人差があるようです。そのため、自分に合うかどうかは実際に使ってみるまでわかりません。

プロアクティブでは、初めて使用する人のために返金制度サービスを設けています。使っていて肌に合わないようなら、容器を返せば支払ったお金を返金するという画期的なサービスです。しかもボトルの中身を全部使い切ってからでも、期限内なら返品OKなのです。こういったサポートも充実しているので、ニキビの治療・改善としてプロアクティブに興味のある人は是非一度試してみるといいでしょう。