白にきびの原因と治療

白にきびの原因と治療

白にきびの原因と治療

白にきびの原因と治療

いつの間にかポツポツと出来てしまう白にきび
このページでは、白にきびが出来る原因と治療方法をお伝えします。
白にきびは、ニキビ発生のサインです。

白にきびが出来る状態は?

白にきびは、古い角質が蓄積され毛穴をふさいでしまった状態です。
この状態で皮膚科に行くと、白にきびの事をコメドといったりもします。

白にきびが出来ている肌の状態というのは、皮脂がスムーズに排泄されず、わずかに皮膚が盛り上がっていて、毛穴のところにプクッとできていて白く見えるものです。

指でつぶすと白いものが出てきて、比較的簡単に潰れるのですが・・・
白にきびを潰していると、にきびが悪化してにきび跡が残ってしまう状態にまで発展する可能性がありますので、注意しましょう。

白にきびは、にきびの出来はじめの初期状態と言われ、炎症は起こしていない状態のことをいいます。
白にきびはまだ炎症を起こしていませんので、刺激しないようにすることが大切です。
洗顔時や入浴時なども注意が必要です。
特に髪の毛の生え際に出来るニキビは、洗浄が足りていない証拠です。
生え際のにきび対策を頑張ってください。

白にきびの治療方法は

白にきび⇒赤にきび⇒化膿ニキビと、症状が進むにつれてニキビが赤く腫れてしまうので、白にきびの段階で炎症を起こさないようにすることが重要です。
白にきびを刺激しないように、気になっても手で触らないようにしましょう。
触ることで細菌を運んでしまい、白にきびを悪化させてしまいます。

にきびの原因って、便秘やストレスが原因となっている場合もあります。
適度な運動や食生活の改善などをして便秘の解消に努めたり、規則正しい生活を心がけましょう。
特に、便秘は肌に悪い影響を与えるとされています。
デトックスって、実はニキビ治療には非常に効果的なのです。

ただ、そうはいってもデトックスを頻繁に行うわけにもいかないと思うので、正しいスキンケアや規則正しい生活を送る事を気にかけていくのがいいでしょう。

ヒアルロン酸注入のまとめ

ニキビの初期症状である白にきびを悪化させない努力が必要
白にきびの治療法はストレス解消・便秘解消!!

赤にきびの原因と治療

赤にきびの原因と治療を検討するページ
赤にきびまで進んだニキビは適切な処置をしなくてはいけません
放っておくと、にきび跡の酷い姿にすぐになってしまいますよ。

赤にきびの発生状況

目立つにきび、赤にきび。
名前のとおり赤く腫れあがっているにきびのことです。
この段階までいくと確実に炎症を起こしている状態です。

もう少し詳細をお伝えすると、赤にきびとは皮脂を好むアクネ菌という細菌が毛穴の中で増殖することによって、皮膚の中のタンパク質を刺激し、炎症を引き起こし腫れ上がった状態のことをいいます。
にきびとしては中期の段階です。

さらに、赤にきびの炎症は、赤く腫れて膿がたまったり、痛みをともなう症状を引き起こす場合があるのです。
その状態からさらに悪化してしまうと、炎症が周りに広がって、毛穴の深い部分を傷つけてしまうこともあり、そうなるとにきび跡が残る可能性がだいぶ高まってしまうのです。

赤にきびの治療方法

赤にきびの治療には食生活の改善が大切です。
食生活のバランスが悪いと、さらににきびを悪化させてしまうことになります。
脂質や糖質、炭水化物のとりすぎには特に注意が必要といえるでしょう。

そして何より、お肌への刺激は禁物です。
白にきびが発生したお肌の状態以上に、赤にきびのお肌の状態はデリケートです。
ですから赤にきびができている状態での化粧は、毛穴の詰まっている状態をさらに悪化させる原因となりますので、化粧は避けた方がよいと思います。
どうしても化粧をしなくてはならないのであれば、無添加のオーガニック化粧品か毛穴化粧品を選んでください。

赤にきびには洗顔はとても大切です。
にきび専用の洗顔料とかも発売されているので、ニキビを傷つけないように手のひらで洗顔を優しくしてください。

赤にきび原因と治療のまとめ

赤にきびは、処置次第ではにきび跡が残る!!
化粧品はオーガニック、洗顔をしっかり!!

黒にきびの原因と治療

黒にきびは肌がくすんで見えてしまう残念なニキビ。
いくらファンデーションを厚めに塗っても隠しきれないですよね。
このページでは黒にきびの原因と治療法をお伝えします。

黒にきびの発生状況

黒にきびが発生する状況は、埃や汚れ、古い角質などで毛穴が塞がれ、溜まった皮脂が皮膚の外側へ盛り上がり、黒く変色している肌の状況です。
黒ニキビは、にきびの初期段階ですので、黒ニキビのうちに、きちんとした治療やケアを行っておくと、完治も早くにきび跡に残る可能性が、グーット低くなります。

白にきびと同様、ニキビの初期症状なのですが、白にきびと違い目立ってしまうという事。。。

黒にきびが目立つ⇒化粧を厚くする⇒毛穴を潰す⇒にきび悪化

という悪循環だけは避けたいですね。

黒にきびの治療方法

黒ニキビの治療としては、日常の食生活、睡眠のほかに、正しい洗顔やスキンケアをしっかりと行うことで充分な治療となり、改善される場合が多くなっています。

黒ニキビは、毛穴の皮脂が原因です。
ですから、皮脂の詰りを取り除き、にきびの炎症を防ぐことや、肌の代謝力を高めターンオーバーを正常化にすることが治療の上で大切といえます。
美肌を保ちながらターンオーバーを最適化するには、ヒアルロン酸とコラーゲンをMixして摂取するのがベストです。

黒にきびの治療には、とくに皮膚科など受診する必要はないとされていますが、脂性肌で悪化しやすい人などは皮膚科で治療したほうが良いでしょう。
また、黒にきびは、きちんとしたケアや治療をしなかったり、放っておくと赤にきびや化膿へと悪化します。

黒にきび原因と治療のまとめ

黒にきびは、ニキビの初期症状だが目立つ!!
治療にはコラーゲンで肌の古い角質を交換するのがベスト。