背中にきびが出来る原因

背中にきびが出来る原因

背中にきびが出来る原因

背中にきびが出来る原因

背中にニキビが出来る原因は何だろう?
そんな疑問にお答えします。
皮膚科・エステ等に通っても、自分の体質を理解していないと逆効果になるケースも

背中にニキビができる原因は2つ

背中にニキビが出来る原因は、様々なのですが大きく別けて2つ。

1つ目は目の行き届かない背中を不潔にしている事。
不潔というのは、汗をかいたままの状態で長時間背中を放置している。
長い髪の毛をシャンプーした後に、すすぎをしっかりせずに放置している。

上記のような事も当てはまるのですよ。

そして、2つ目はストレス。
背中にきびに限ったことではないですが、近年ストレスによる肌トラブルが非常に急増しています。
ニキビという形で出る人もいれば、蕁麻疹のような形で皮膚の表面に出てくることもあります。

生活習慣病といってしまえば、それまでなのですがストレスによるニキビの場合は、放っておくと悪化の一途をたどるので、どこかでストレスの元を断ち切る必要がありますよ。

体質の違いも意識して

にきびが発生する場所は「脂腺性毛包(しせんせいほうもう)」と呼ばれる毛穴の部分になります。
脂腺性毛包とは、顔や胸、背中などに多く、うぶ毛を包む細長い毛包です。
その毛包が炎症を起こすと、ニキビになります。

もしあなたが現在ニキビが出来ているのであれば、ニキビをよ~~~く見てみてください。
中にチョビチョビ毛があります。
それが、毛包というものです。

これは、人それぞれ体質によって違うのですが、残念ながらニキビの出来やすい体質の人はいます。
そのような人は通常の人よりも、肌を清潔に保ち、新陳代謝を活性化させるコラーゲンやヒアルロン酸を適度に補給する事をお勧めします。

ヒアルロン酸注入のまとめ

ニキビの原因は肌を不潔にしている事とストレスが多い
ストレスの場合は、ニキビ癖になる前にストレスの元を断ち切る努力をする事!!
ニキビ体質の場合は、コラーゲンやヒアルロン酸など新陳代謝を活性化させるサプリメントを計画的に補給する事。

ニキビを治す方法

にきびを治す方法でもっとも手っ取り早いのは、ビタミン系のサプリメント
根本治療をするならば、ピーリングやレーザー治療が必要です
ここでは、自宅で簡単にできるサプリメントによる治療をご紹介

ビタミン系サプリは強い!!

美容整形などでニキビ治療に使われるイオン導入などでも、ビタミンを肌の奥底に浸透させる事が目的となっています。
それ程、お肌はビタミン不足。

代表的なビタミンである「ビタミンC」
ビタミンCには、皮脂の分泌を抑え、ストレスを和らげ、メラニン色素を抑え、肌にハリを与えるなどの効果があります。喫煙者の方にも特にお勧めです。

ただし、ビタミンCは水溶性なので、体に取り入れて大体3時間くらいで尿や汗となって排出されます。
その為、朝・昼・晩・の毎食後にビタミンを摂取する事が必要なのです。
食べ物からも補給できますけど、絶対的に足りていないので、ニキビ肌の人は積極的にビタミンCを摂取しましょう。

また、玄米・卵・納豆・しじみ・アボガドなどから摂取できる「ビタミンB」も非常に重要です。
ビタミンBは皮膚や粘膜の健康維持の補助に役立つのです。
ただ、ビタミンBもまた水溶性なので、すぐに体内から消えてしまいます。
ですから、ビタミンBも積極的に体内に補給したいですね。

にきび跡にはコラーゲン+ヒアルロン酸!!

既にニキビ跡になってしまっているのであれば、ビタミンだけでは足りません。
是非、コラーゲン+ヒアルロン酸を摂取してください。

コラーゲンとヒアルロン酸は一般の食べ物からの補給はかなり厳しいので、サプリメントで補ってやる必要があります。
コラーゲンで皮膚の真皮を再活性化し、にきび跡となった古い角質を取除いてください。

ニキビ治療の化粧品ならば、ニキビケアランキングなども非常に参考になります。
そしてその間、肌荒れを防ぐ為には、ヒアルロン酸がお勧めです。
ニキビ治療をしているから肌がガサガサなんていうのは耐えられないですからね。

にきびの治し方のまとめ

にきびに効くサプリメントはビタミン系!!特にビタミンCとビタミンB
にきび跡になっているのであれば、コラーゲン+ヒアルロン酸も摂取して!!

にきびの治療薬

しつこいニキビを治す為の治療薬
治療薬は市販の薬、薬局での調合品、皮膚科から処方されるお薬とさまざま
なにがニキビ肌にベストなのかを考えてみましょう!!

有名なプロアクティブの評価は?

にきび治療薬で一番有名なのは、プロアクティブではないでしょうか?
あの、眞鍋かをりさんが宣伝しているニキビ治療薬です。

お肌に合わなかったら返品できるという保証つきなので、結構使ってみた人が多いようですね。
【背中にきび跡治療の対策委員会】が調査したところによると、プロアクティブの効果は肌体質によって、だいぶ差が出るようです。

一つだけ言える事は、敏感肌の人はプロアクティブは避けておいた方が良い。ということ。
結構ピーリングの成分が強いので、敏感肌の人がプロアクティブを使うと、赤ら顔になってしまったり、ヒリヒリしてしまうケースが多いようです。

ただ、肌体質が合う人にとっては本当にニキビが綺麗に消え去った人もいるので、お試し期間中だけ試してみるというのはアリかもしれませんね。

あと、ビタミンは必須です。
ビタミンEやセサミンは体の内側からニキビの体質改善を促してくれます。
是非、ビタミンを体内に取り入れる事を忘れないでください。

紫外線に気をつけて

ニキビの治療薬は大きく別けて、下記2つの役割をもっています。

一つ目の役割は、「細菌(ニキビ菌)を殺す」という事
そして、二つ目の役割は「毛穴の詰まりを改善する」という事

供に、塗り薬でも内服薬も用意されています。

これらのニキビ治療薬を飲む時の注意なのですが、紫外線には注意してくださいね。
紫外線はにきび菌を増殖させます。
いくらあなたが、にきび治療の為に薬を飲んでいても、にきびが紫外線に当たると、ニキビ菌が活性化して薬が効かなくなってしまいます。

また、にきびを触るのも厳禁!!

ニキビ治療薬を飲んで、本格的にニキビ治療に向き合っていくのであれば、あなたの忍耐も必要ですよ!!

ヒアルロン酸注入のまとめ

ニキビ治療薬はにきび菌を殺す作用と毛穴の詰まりを解消させる
にきび治療にとって紫外線は大敵。