にきび痕が出来る仕組み

にきび痕が出来る仕組み

にきび痕が出来る仕組み

にきび痕が出来る仕組み

にきび痕とは、にきびが出来た後に、赤みがシミのように残ったり、肌の表面がクレーターになってしまう状態のことです。
特に背中にニキビ痕ができてしまうと、赤みやクレーターを改善するのに時間がかかり、最悪のケースでは一生ニキビ痕が残ってしまうのです。

にきびを引っ掻くのは最悪

にきび痕は、にきびを引っかいたりつぶしたりして悪化し、残ってしまうというケースが多くを占めます。
特に背中にできたニキビは、本人が気が付かないうちに、爪で引っ掻いている場合が多いです。

Tシャツやブラウスを脱いだ後、背中にポツポツ赤い血がついていたりしませんか?
背中にニキビ痕が出来てしまうと、大切な日にドレスを切れなくなってしまったりして困りますよね。

また、顔にできたニキビはどうしても気になって触ってしまいがち。
でも、絶対に触ってはいけないのです。
正しいにきびケアを行ってにきび跡にならないように心がけてください。 ただし、もし既にニキビ跡がひどい場合は、人工皮膚(EGF)の美容液などを利用するといいでしょう。 EGF化粧品で有名なメーカーは、オーラスキンです。

ニキビ痕になる直前は?

にきび痕になるのは、肌の真皮が傷ついて、その傷ついた部分に色素沈着が起こり、痕として残るのです。

それであれば、真皮に傷が付く前にニキビを治してしまうのが、ニキビ痕を改善する一番の方法なのです。
ニキビというのは、初期段階から白にきび⇒赤にきび⇒黄にきびと進行していくのですから。

黄にきびまで悪化してしまうと多くの場合真皮まで傷付いてしまっているので、炎症が治まった後もにきび跡のクレーターや色素沈着が起こり、赤や茶色のシミのような跡が残ってしまいます。
そうなると、真皮が傷ついた状態になり、一度にきび跡のクレーターができてしまうと完全には元通りには治りません。

ですから、黄にきびになる前にニキビを適切な方法で治療する事が重要です。

にきび痕のまとめ

にきび痕は傷ついた皮膚に色素沈着して始まる。
ニキビは初期段階で食い止める。
背中・顔に出来たニキビを触らない⇒悪化させない。

にきび跡の赤み対策

にきび跡が赤くなり始めた。。。
それはピンチです。
にきび跡として一生あなたの皮膚に残る可能性があります。

にきび跡の赤み

にきび跡の赤みはニキビ菌がまだあなたの毛穴の中でウヨウヨしている証拠。

皮膚の表面から見ると、にきび跡というのは一見治ったかのように見えるのですが、再発してしまう場合が非常におおいのです。
それは、にきび菌が毛穴の中に残っていることが関係してるのです。。

そもそも、にきび菌というのは殺菌しても消滅してしまうものではなく、常に毛穴の中に存在しているので、皮脂が蓄積されると、再度活動を活発化させるのです。
ニキビ菌が活性化すると、皮膚の表面が赤くなり、ニキビが何度も出来やすい環境が整ってしまうわけです。

にきび跡の赤み予防にはイオン導入

美白ブームで家庭でも簡単にイオン導入ができるような機械が発売されていますが、イオン導入はニキビ跡には非常に効果的です。

イオン導入は、微弱な電流を流しビタミンやプラセンタなどを皮膚の深い部分まで浸透させていき、その電流によって背中にきびの跡のしわを改善できるのです。

ただ、自分では手の届かない背中のにきび跡治療などは、皮膚科の医師と相談の上、自分にあった治療法を行なっていきましょう。
特に背中を集中的に処置するブライダルエステなども、イオン導入機が結構使われています。

にきび跡の赤みのまとめ

にきび跡の赤みはニキビ菌が潜んでいる証拠
美白でおなじみイオン導入期はにきび跡の赤み除去に最適。

にきび跡のクレーター

にきび跡のクレーターってショックですよね。。。
ファンデーションでカバーするにも限界はあるし・・・
でも諦めずに、にきび跡のクレーターを克服してください。

にきび跡がクレータになってしまうと

にきび跡のクレーターが一度できてしまうと自然回復は難しく、化粧品でケアすることにも限界があります。
にきび跡のクレーターは、一生残る場合もあるので、日頃からひどいにきび跡をつくらないように予防することが大切です。

とはいっても、もう既ににきび跡がクレータ状に出来てあがってしまったものは治しましょう!!
にきび跡のクレーターを解消するためには、皮膚の組織を再生し、活性化する必要があります。
そう、新陳代謝を促して古い角質層を普通の人より速いペースではぎ落とす努力が必要です。

新陳代謝にはコラーゲン

そもそも皮膚というのは、表皮・真皮・皮下組織の3層構造で構成されています。
そして、にきび跡のクレーターに関係している部分は、皮膚構造の中心部分にある「真皮」です。
にきび跡のクレーターを治すには、この真皮の組織を再生させなければなりません。

さぁ、ターゲットは明確になりました。
それでは、この真皮の組織を再生させるもの・・・

それは、コラーゲンです。
最近人気のあるコラーゲンサプリメントは、プルオイです。
どれを選んでいいか分からない場合などは、参考にしてください。

そして、コラーゲンは皮膚の新陳代謝を活性化する役割を持っています。

また、真皮組織を再生させるためには真皮内のリンパ液の分泌の促進が大切です。
リンパ液は、細胞内の老廃物や、死んだ細胞を運ぶ働きをしています。

このように、きちんと皮膚の構造を学んだ上で栄養素を摂取すれば、あなたが諦めていたクレーター状になったにきび跡も改善できます。

フラコラ フラコラ500のインターネット限定キャンペーン。代引き手数料無料のお得な通販。プレゼント企画のHealth&Beauty Magazineも読みごたえたっぷり

クレーター状のニキビ痕のまとめ

クレータ状のにきび跡を改善するには、皮膚の真皮を再生化させる。
治療にはコラーゲンの摂取が欠かせません!!