皮膚科に相談する

皮膚科に相談する

皮膚科に相談する

皮膚科に相談する

にきび治療をする上で、スキンケアや市販の薬でまず自分で治そうとしますよね?

そして、多くの方がにきびの状態がひどくなってから病院に行くと思います。

しかし、にきびがどんどん進行してしまっていると、いくら薬を処方したり、PDTを行ったとしても完治するまでには時間がかかります。

また、肌の治癒力が弱まっているので、にきび跡も残りやすくなります。

赤く炎症を起こしたにきびが10個以上あったら、まず皮膚科に行くべきです。

また、同じところににきびができる場合はその毛穴は間違いなく治極力が弱っていますので、気になるようなら、少しでも早めに皮膚科に行くことをお勧めします。

皮膚科医で行われるにきび治療は、問診と投薬が中心です。

毛穴の中の皮脂を摂ってくれる場合もあります。

これらは健康保険がききますが、微電流にのせてビタミンCを大量に投与したり、
レーザーでにきび跡のシミを取ったりすることは保険はききません。

ところで、にきびに悩む女性の多くは、にきび用の化粧品を試したことがあるのではないでしょうか?

症状が良くなる場合もありますが、ひどいにきびであればあるほど、決定的な改善効果は得られないと思います。

炎症の強いにきびの原因はずばり、細菌です。

殺菌、菌の駆除といった治療をしなければ改善は望めません。

化粧品に期待できるのは、角質の目詰まりを防ぐ、皮脂分泌の抑制、若干の抗菌効果ですから、ひどいにきびが容易に治まらないのは当然です。

クリアライト

大人にきびの原因菌であるアクネ菌に効果的なのが、クリアライトという方法です。

可視光線を、肌に15分~20分照射します。

ふんわりした光を連続して照射するので、痛みも熱さも感じません。

日焼けサロンで光を俗びるのと同じようなものです。

にきびをより早い段階で治したい場合は、にきび化粧品のアクネスポッツなどを患部に塗って、毛穴の中の皮脂を吸着したり殺菌したりする ことをお勧めします。

また、いつも使っている保湿化粧水や美容液の代わりに、肌を清潔に保つ効果がある保湿化粧品に切り替えてみるのも良いのではないかと思います。

さらに、ファンデーションを塗る前に、にきびを治療しながらシミやくすみを隠してくれるにきび用コンシーラーを利用すると、にきびを悪化させなくてすみます。

しかし、化粧品を利用したスキンケアは炎症を伴わない白にきびの段階までです。

もし、赤く痛いにきびを発見したら、市販の治療薬を使うか、皮膚科に相談することをお勧めします。