早寝、早起きを心がける

早寝、早起きを心がける

早寝、早起きを心がける

早寝、早起きを心がける

仕事や家事、育児に追われて睡眠時間が足りなかったり、ストレスが溜まったりなどすると、それらは 最終的にはにきびの原因となって表れます。

ホルモンバランスが狂ったり、皮膚の新陳代謝が鈍ったり、肌が皮脂でジトっとしたり、疲れると肌がくすんで見えるのはこのためです。

睡眠不足だと、血液循環や皮膚細胞の代謝が悪くなります。

また、にきび発生の原因である活性酸素がどんどんと作られます。

さらに、炎症などがある場合は炎症を抑える白血球も少なくなり、炎症が治りにくくなりますので注意が必要です。

その他、免疫力の低下や自律神経への悪影響などが見られます。

また、過剰な皮脂分泌はアクネ菌にとって好都合ですし、新陳代謝が鈍れば角質層が硬くなって毛穴がふさがります。

さらに、疲れは肌の抵抗力を弱めるので、アクネ菌の活動を活発にしてしまいます。

早寝早起きの規則正しい生活をして、自分のストレス発散法を見つけることがにきび治療において非常に大切であるといえます。

頬やあごは触らない

無意識のうちにあごを触っていたり、鼻の頭を擦っていたりしませんか?

あるいは、気づいたら頬づえをついていたりしませんか?

皮膚を手で触ることは、肌への刺激となって角質層の角化を招きます。

また、手の汚れが付着してしまうので、にきびを引き起こしてしまいます。

さらに、髪の毛先が頬や額に触れることも、皮膚に刺激を与えることになります。

頬やあご、こめかみなど皮脂の少ない部分は、当然毛穴のサイズも小さいです。

そこに一時的にでも過剰な皮脂が分泌されると、毛穴がすぐに詰まってしまい、にきびが発生してしまうのです。

にきびの原因としてストレスやホルモン、活性酸素などが挙げられます。

そして、それらはすべて毛穴の詰まりを引き起こす要因であって、直接的なにきびの原因ではありません。

皮脂の分泌が多くても、毛穴が大きければ皮脂はスムーズに排出されます。

一方、皮脂の量が少なくても毛穴が小さければ、皮脂が毛穴に詰まってしまい、にきびが発生してしまいます。