にきび跡をきれいにする

にきび跡をきれいにする

にきび跡をきれいにする

にきび跡をきれいにする

にきびの炎症が治まっても、薄っすら赤みが残っていては完治したとは言えません。

ちょっとした刺激やストレスの影響で、にきびが再発する可能性があるからです。

にきびの炎症が落ち着いてから肌が再生するまで、この期間がにきびのない美しい肌をとり戻すための勝負どころと言えます。

炎症を持っていたにきびの場合、まず炎症が徐々に治まってきます。

そのまま通常の毛穴に戻る場合もあれば、角栓がとれて皮脂や膿が排出される場合もあります。

毛穴が元のサイズとなり、再び皮脂を排出して皮膚の上に皮脂膜を形成します。

ところが、ひどい炎症を何度も繰り返していると、毛穴の内側やまわりの組織まで破壊してしまう場合があります。

皮膚が再生しても表面が定着せず、毛穴の内側に落ち込んでしまうのです。

少なくとも3回以上、同じ毛穴から炎症を繰り返している場合は注意してください。

にきび跡の炎症が激しいと

炎症が激しいと、毛穴の組織自体が破壊されてしまう場合があります。

このような場合、皮下でコラーゲン繊維が折り重なります。

そして、皮膚表面がポコンと盛り上がり、ケロイド状態になります。

炎症を起こした部分は、メラノサイトの働きが活発になっています。

メラノサイト・・紫外線にあたるとメラニンを生成し、肌を刺激から守ろうとする。

メラノサイトは肌を守ろうとメラニンをつくり、色素沈着を起こしやすくします。

にきび跡トラブルを防ぐためには、「絶対に触らないこと」が鉄則です。

そして、にきび跡の治療法としてビタミンCやアミノ酸のイオン導入もお勧めです。

ビタミンCには炎症抑制効果のほか、美白効果や色素沈着を防ぐ効果があります。

イオン導入をすることで、通常の100倍もの量を浸透させることが可能です。

なので、にきびの再発を防ぐだけでなく、にきびのできにくい肌へと導きます。

また、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す働きもあります。

その働きにより、皮膚を内側からふっくらと盛り上げ、凹凸をなめらかに整えてくれるので、にきび跡にも効果が期待できます。

イオン導入するのはビタミンCだけでも効果的ですが、さらにアミノ酸を導入するとにきび跡の改善効果は飛躍的にアップします。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促しますから、アミノ酸を一緒に導入することでハリがグングン生まれるのです。

コラーゲン・・・繊維状のたんぱく質で、肌の潤いやハリを保つ働きがある

また、アミノ酸を効果的にイオン導入するにはプラセンタエキスが効果的です。

プラセンタエキスにはグリシン、アラニン、イソロイシンなど肌に必要なアミノ酸を始め、約20種類以上ものアミノ酸を含んでいます。

また、各種ビタミン、ミネラルなど栄養素、ビタミンB群も豊富に含まれており、これだけ豊富な栄養を一気に補給できる非常に優れた成分です。