ホワイトヘッド

ホワイトヘッド

ホワイトヘッド

ホワイトヘッド

「ホワイトヘッド」とは、マイクロコメドができている毛穴に古い角質が覆いかぶさってしまい、出□が完全にふさがれてしまったものです。

ホワイトヘッドは表面から見ると白いので、ブラックヘッドよりも目立ちません。

しかし、実際は毛穴の出口を塞がれているホワイトヘッドの方が深刻な状態です。

ホワイトヘッドの由来は、外から見ると白いプツプツとしているからです。

ホワイトヘッドは自己流のお手入れで解決することは不可能なので、専門のクリニックに伺うと良いでしょう。

プロの手で毛穴を開げることで、マイクロコメドや皮脂を排出することができます。

また、このホワイトヘッドは化膿性にきびに直結する点が非常に深刻な問題です。

皮脂が溜まった毛穴の中では、アクネ菌などの雑菌が増殖しやすいです。

なので、あっという間に炎症を引き起こしてしまいます。

そして、最終的には化膿性にきびになってしまうのです。

化膿性にきびが悪化すると、赤く大きく腫れたにきびになってしまいます。

こうなると、角栓プッシュは効果がありませんので、専門のクリニックに行くことをお勧めします。

ブラックヘッドに古い角質がおおいかぶさると、ホワイトヘッドとなります。

ブラックヘッド

大人にきびが発生する大元は、毛穴の奥にできる「マイクロコメド」です。

コメドの最も小さいものと考えてください。

毛穴の奥の方に存在する「マイクロコメド」というとても小さい角栓が、徐々に大きくなってにきびになるのです。

また、マイクロコメドは毛根付近にできるので、外からはほぼ見分けがつきません。

そして、マイクロコメドが大人にきびになるのに、「ブラックヘッド」があげられます。

ブラックヘッドとはマイクロコメドが徐々に大きくなり、毛穴の出入り□に顔を出すようになったものを言います。

ブラックヘッドの由来は、黒いコメドが頭だけ見えていることからきています。

肌に水分をタップリ与えて毛穴周辺を軟らかくすると、無理なく落とせます。

ブラックヘッドは、肌にとっては強い刺激物です。

洗顔やクレンジングで落としきれなかった汚れが皮脂と混ざりあって毛穴に詰まり、酸化したものでにきびを悪くする刺激物であります。

そんなブラックヘッドには、水溶性ビタミンC誘導体のローションが効果的です。

大人にきびの原因菌

にきびの原因菌と聞いて、パッと思い浮かべるのは何ですか?

おそらく、「アクネ菌」ではないでしょうか?

アクネ菌はにきび用の化粧品や洗顔剤などにもよく使われているので、耳にしたことがある方も多いと思います。

アクネ菌・・・にきびの炎症を引き起こす原因菌で、「ポルフィリン」という物質を持っている。

私たちの体には様々な菌が存在しており、これらの菌を「常在菌」と呼んでいます。

肌の常在菌には、前述のアクネ菌や表皮ブドウ球菌があります。

常在菌は、適度に存在する分には問題ありません。

しかし、増えすぎると炎症を引き起こす原因になってしまいます。

また、にきびを引き起こす常在菌たちは皮脂が大好きです。

なので、過剰に皮脂が分泌されると、それを栄養源として繁殖します。

さらに、院内感染菌のMRSAというブドウ球菌もにきびの原因菌です。

そして、本来肌にはいないはずの菌が繁殖するのは、抗生物質の使いすぎが関係しているのではないかと考えられています。