黄体ホルモン

黄体ホルモン

黄体ホルモン

黄体ホルモン

生理直後は、ホルモンバランスのおかげで肌の調子が良く感じられるでしょう。

ところが、排卵後から次の生理までは黄体ホルモンが優位になります。

このホルモンは男性ホルモンと同じで、皮脂の分泌を促す働きがあります。

生理前にポツンと大人にきびができることが多いのは、このためです。

生理のリズムが乱れている人は、ホルモンバランスも安定していません。

黄体ホルモンが優位になり、皮脂の分泌が促進され続ける場合もあれば、ホルモンバランスが乱れてターンオーバーのリズムに混乱をきたしている場合もあります。

健全な角質層が形成されず、毛穴に詰まりを起こしやすいのです。

このような場合、皮膚科では女性ホルモン剤を処方します。

メサルモンFやジオールといったものや、低容量のピルなどが挙げられます。

生理のリズムを整えることで、皮脂の分泌をコントロールしようというわけです。

ホルモン剤と聞くと不安になる方もいるかもしれません。

しかし、患者の体調を考えながら処方するので、安全性には充分配慮されています。

男性&女性ホルモン

ホルモンには、男性ホルモンと女性ホルモンの2種類があります。

それぞれ男性らしい体、女性らしい体をつくる手助けをします。

男性でも女性ホルモンを持っていますし、女性も男性ホルモンを持っています。

ただ男性の場合、男性ホルモンをより多く持ち、女性はその反対になるわけです。

男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す働きがあります。

男性にオイリー肌が多いのはこのためです。

女性でも、ストレスを受けると体が男性的に傾く と言われています。

女性の場合、毛穴も小さいうえに肌も乾燥しやすいです。

なので、皮脂分泌が促されると毛穴が目詰まりを起こし、にきびになりやすいです。

仕事で忙しい女性が急ににきびに悩まされるのは、この影響の可能性が高いです。

さらに、女性ホルモンもにきびと関係があります。

女性の場合、生理周期の間で優位になるホルモンが違ってきます。

生理周期の前半、生理終了後から排卵日までは卵胞ホルモンが優位になります。

このホルモンは肌をみずみずしく、なめらかに保つ働きがあります。