活性酸素と大人にきび

活性酸素と大人にきび

活性酸素と大人にきび

活性酸素と大人にきび

活性酸素とは、他の細胞を酸化させてしまう不安定な酸素分子のことです。

例えば、酸素分子は原子のまわりに16個のプラス電子がとり巻いていますが、このプラス電子が1つ欠けて不安定な状態なのが活性酸素です。

酸化・・・不安定な酸素分子と結びつくことで物質を変質させること

この不安定な酸素分子は他の原子から電子を無理矢理奪い取り、自分を安定した状態にしようとします。

そして、電子を奪われた相手の細胞は死んでしまいます。

活性酸素は、このようにしてコラーゲンやエラスチンを破壊するのです。

活性酸素がシワなど老化の原因と関係があると言われているのはこのためです。

このように考えると、活性酸素は肌にとって悪影響ばかりと思われがちです。

しかし、活性酸素は肌にとって必要なものでもあります。

菌が進入した時など、白血球が活性酸素を多量に放出し、菌を殺してくれます。

また、炎症がおきた場合も活性酸素で炎症の原因菌を殺そうとしてくれるのです。

正しいスキンケア

自分ではよかれと思ってしていたスキンケアが実は、にきびを悪化させていたというケースがよくあります。

その中でも一番ありがちなのが、洗顔法の間違いです。

1日に何回も洗顔していませんか?

しかも、脱脂力の強い洗顔料を使っていませんか?

大人にきびの方は脂っぽい肌を嫌って、1日に何度も洗顔する傾向にあるようです。

しかし、これでは表皮のバリア機能が破壊され、大人にきびが悪化してしまいます。

また、正常な角質が形成されないと 毛穴が詰まったり、保水力が低下して乾燥肌 になってしまいます。

大人にきびの方はもともと脂性肌で、オイリードライの肌質の方が多いです。

洗顔時は、十分泡立てた泡で優しく包み込むようにして洗うようにしましょう。

ところで、油分はにきび菌の大好物です。

クレンジングオイルは本来なら完全に洗い流すべきものなのですが、現実には毛穴に残っていることが多いです。

そして、毛穴に残っている油分をエサににきび菌が繁殖するのです。

さらに、ファンデーションがオイルと一緒に毛穴に残ると、炎症が起きてしまいます。

なので、オイリー肌の方はジェルやクリームタイプのクレンジングを使いましょう。

また、オイルクレンジングを使うときは、丁寧にしっかりとすすいでください。