大人にきびと化粧

大人にきびと化粧

大人にきびと化粧

大人にきびと化粧

大人にきびの方が、ファンデーションを使うことはあまりお勧めできません。

にきびの上に直接ファンデーションを塗ると、皮脂と混じって汚れとなり、にきびに悪影響を及ぼす可能性があるからです。

特に、リキッドファンデーションは毛穴をつまらせる原因になりますし、長時間肌に塗布していると皮脂と混ざって酸化する可能性があります。

しかし、女性がノーメイクで外出するのは難しいです。

こんな時、にきびを隠してくれるコンシーラーがあると便利です。

白にきびはもちろん、赤みを帯びたにきびなども自然にしっかりと隠してくれます。

また、現在ではにきびの悪化を食い止める化粧品や治療薬が多く出ています。

にきび部分に塗っておくと、ファンデーションが直接、にきびに触れるのを防いだり、汚れや殺菌からガードしてくれます。

もし、炎症にきびにファンデーションを塗る場合は、その部分は避けてください。

また、ファンデーションを塗る前ににきび薬を塗っておくなど、にきびに直接ファンデーションがのらないように工夫するようにしましょう。

ファンデーションは油分の多いリキッドタイプよりも、皮脂吸着効果の高いパウダータイプがお勧めです。

活性酸素が過剰発生すると

炎症を起こしたにきびの場合、その患部には炎症の原因菌を殺そうと活性酸素が大量に集まります。

そして、活性酸素が過剰に発生すると、まわりの皮膚組織まで破壊されてしまうので、余計に炎症が悪化してしまいます。

そして、最終的にはにきび跡として残る可能性が高くなるのです。

にきびや毛穴の赤み部分には、たくさんの活性酸素が発生しており、この活性酸素によって皮脂の酸化が進みます。

そして、過酸化脂質に変わると周囲の皮膚細胞を刺激して炎症を起こし、にきびが発生してしまうのです。

毛穴に皮脂が溜まると、排出されやすいようにサラっとした油に分解されます。

しかし、実はこれが遊離脂肪酸という悪い油なのです。

遊離脂肪酸はリンパ球や白血球を引き寄せ、活性酸素をたくさん発生させます。

そして、その時に発生する毒で細胞組織を傷つけます。

つまり、にきびは活性酸素によって作り出された傷なのです。