あごと首のニキビ対策

あごと首のニキビ対策

あごと首のニキビ対策

首にきびの症状

首ニキビは、10代の思春期時期に出来ることは珍しく、20歳を超えた大人に出来るケースが多いようです。
症状としては、しこりのような赤く硬いものが、首ニキビの特徴です。
首にニキビのしこりが出来てしまうと、連続して出来る可能性が高く、ニキビ跡にもなり易い部位です。
首は顔と違い、毛穴が開きにくいのですが、色素沈着をおこすことが多く、放っておくとケロイド上になる場合があり、ニキビの出来る部位としては結構放っておけない部分なのです。

さらに、あごニキビが増えてきた人や、体の代謝機能の衰えて肩こりがひどくなる人は、首ニキビが広がることが考えられますので注意が必要です。

あごニキビ対策

首にきびあごや首のフェイスラインのニキビは、肌を乾燥させないように、脂分と水分のバランスを取れば比較的早く良くなります。
肌のバランスで一番大事なのは、洗顔です。

洗顔をする時は、ゴシゴシ洗うのは肌のバリヤ機能を壊すので禁物です。
丁寧に優しく、泡洗顔料で一日2回の洗顔を心がけてください。
オイルクレンジングや、拭き取るタイプのクレンジングは汚れが取りきれない可能性と、肌にダメージを与える可能性があるので、出来る事ならば避けてください。

化粧水と保湿について

あごにきび化粧水は皮脂分泌を抑制するノンアルコールを選択。
さらに、無香料・弱酸性の化粧水がベストです。
脂性肌の方には水溶性ビタミンC誘導体のローションが効果的です。

そして、保湿は大切なのですが、脂分が多い保湿クリームはニキビには逆効果となってしまいます。
肌が必要としているの水分なので、水分を保つセN.M.Fやセラミドや、ヒアルロン酸などの保湿成分の補給をしてください。

また、肌の新陳代謝をすすすめる事も忘れてはいけません。
コラーゲン成分の美容液や、プロビタミンAなどを配合した乳液が効果的です。
乾燥肌の方には、脂溶性ビタミンC誘導体のジェルもお薦めです。

あと、顔の産毛脱毛も非常に効果的です。
産毛を永久脱毛する事によって、肌が明るくなり美白効果を期待できますよ。

胸にきびの原因

胸にきび 胸のにきび対策としては、胸中央部の毛穴の詰まりと、過剰な皮脂分泌が原因と考えられます。
もともと、汗が溜まりやすい部分な為、可能であれば下着をこまめに取り替えるなど出来ると、ニキビの治療には効果的です。
もしも、こまめに下着を取り替えられない場合は、せめて綿100㌫の下着を付けると、汗を綿が吸収してくれます。

ここまでは通常のにきびの原因となんら変わりないのですが、胸にきびの場合は、洗髪時のシャンプーなど、洗剤の洗い残しも大きく影響しています。
背中ニキビや頭皮ニキビにも共通して言える事なのですが、結構シャンプーの残留液は侮れないですよ。
残ったままの洗剤には細菌が含まれていて、それが毛穴内に侵入することで、にきびを誘発してしまうのです。
常に清潔で代謝力のある肌(皮膚)を維持することが胸にきびを改善するポイントです。

胸・背中ニキビに酵素洗浄

にきび酵素洗浄 女性にとって、夏場の胸元のニキビは致命的です。
そのような時に、手っ取り早くニキビを治療する方法は、酵素洗浄でしょう。

胸ニキビが出来る原因は、取りきれない汚れによって、角質が肥厚し、毛穴に皮脂が詰まり、ニキビができやすくなっています。
その上、夏は汗により肌が酸化し細菌感染しやすく、にきびができやすくなるのです。

胸や背中にニキビが発生していて、ニキビ治療の即効性を要求するならば、クレンジングマッサージや酵素洗浄などをおすすめします

酵素洗浄とは、酵素パックで肌表面の汚れを浮かせた後に、肌全体を丁寧に洗浄します。
通常、石鹸で洗っただけでは落ちづらい肌表面の糖質、脂質、たんぱく質を無理なく落としていくのです。