肌荒れニキビの原因

肌荒れニキビの原因

肌荒れニキビの原因

肌荒れニキビ対策

肌荒れやニキビの原因として考えられるものはたくさんあります。
例えば、ストレス/生理/妊娠/化粧/食べ物/便秘/花粉・・・などが肌荒れの原因としてあげられる人が多いです。

にきびは、脂腺の働きが活発になって毛穴の中に皮脂や角質が詰まり、そこにアクネ桿菌が炎症を起こしてニキビとなります。

このアクネ桿菌という菌は、人の皮膚に存在している常在菌で、空気が少なく脂肪の多いところを好むといった特徴を持った、ニキビ発生をしやすくする菌です。
このニキビ菌が炎症を起こすと、お肌が荒れて、化膿してニキビとして肌の表面に出て来るのです。

紫外線対策も重要

肌荒れニキビ 紫外線とは上手に付き合いましょうね。
紫外線には殺菌作用とかあるので、上手に付き合えばいい事があるのですが、紫外線を浴びすぎると乾燥肌の原因となります。
基本的に、紫外線は肌の中にあるコラーゲンを破壊してしまうのです。

コラーゲンが破壊されてしまうと、新陳代謝が遅れ、古く乾燥した角質が表面にいつまでも居座り続けてしまうのです。
水分不足の角質がはがれず重なって肌にとどまる状態は見た目にもガサガサして透明感もなく、くすんでみえます。
そして、コラーゲンが壊され続ければ、当然肌のハリも失ってしまいます。

人気化粧水ランキング等を参考にして、保湿ケアは必須です。
紫外線が肌に与えるダメージは、シミだけでなく乾燥、シワ、たるみまでも引き起こし、あらゆる肌荒れの悩みへとつながります。
肌荒れ改善を目指すなら、紫外線対策は必須条件と言えるでしょう。

肌荒れ改善用サプリメントは何がベスト?

多くの肌トラブルはターンオーバーがうまく機能しないためにおこります。
ニキビなどはターンオーバーが乱れて角質細胞が毛穴をふさいでしまうためにできてしまいます。
ターンオーバーがしっかり機能してフレッシュな細胞がどんどん作られれば肌あれや乾燥肌にも悩まされることはなくなります。

ですから、新陳代謝を活性化させる成分の入ったサプリメントが良いでしょう。
例えば、コラーゲンやコエンザイムQ10にはお肌の細胞を活性化してターンオーバーを正常化する働きがある為、肌荒れ対策のサプリメントとしては有効でしょう。

乾燥肌のニキビ対策

乾燥肌にきび 乾燥肌なのににきびが出来てしまう。。。
「普通は脂性の肌体質の人がニキビが出来るはずなのに・・・何でだろう~??」って気持ちになりますが、大人になってからのニキビにはそのようなケースが多いのも特徴です。

乾燥肌なのにニキビが出来る原因は、肌がなんとか乾燥を改善しようとして、皮脂を普段よりも余分に分泌させることに原因があります。

このように皮脂を余分に出しているのに、乾燥肌だからといって、さらにクリームや乳液といった脂性のスキンケアアイテムをたくさん使用していると、間違いなくニキビが発生してくると言っても過言ではありません。

ですから、乾燥肌の場合は良質の化粧水と美容液を組み合わせて、肌をしっかり補水・保湿することだけをケアすることが大切です。
継続していくうちに徐々に乾燥が改善され、それにともなって皮脂の分泌量が正常な状態に近づいていきます。

肌体質を見極めてにきびケア

人の肌質は、皮脂肌タイプ、乾燥肌タイプと混合肌に分別できます。
一般的にニキビは皮脂の過剰分泌が原因だと思われがちですが、それは思春期の10代に限った話。
乾燥肌タイプの人が、皮脂肌タイプのお手入れをすると、余計にニキビを増やす可能性があるので注意が必要です。

あと、ニキビは体の中のケアも大切になってきます。
睡眠を良くとること、食生活では炎症や皮脂酸化を抑えるビタミンCやE(豆類)、角層を整えるカルシウムや整腸作用のある食物繊維をとることをおすすめします。

メイクは毛穴をふさがないように、ファンデーションを軽くされるのがオススメです。

保湿成分として注目のヒアルロン酸

ヒアルロン酸 美容業界などで注目されているヒアルロン酸
20歳をピークに減る一方の成分である為、ヒアルロン酸注射やサプリメントによって、体内に取り入れることで、肌の張りを保つことができるのです。

また、コラーゲンも非常に重要であり、例えばプルオイのようなサプリメントを食事の時に摂取する事は非常に効果的です。
乾燥肌なのにニキビが出来るという悩みを抱えている人は、化粧水で保湿を保とうとするのではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンを体内に取り入れる事で乾燥肌を防ぐ事を考えると、ニキビも自然と減少するので、一度試してみるといいでしょう。