妊娠中のニキビ対策

妊娠中のニキビ対策

妊娠中のニキビ対策

体の異変が体外に出る時にニキビとなる

妊娠ニキビ妊娠中は、ホルモンバランスの影響で情緒不安定になりがちです。

ストレスがたまると、お腹の赤ちゃんにもよくないので、気持ちをゆったり持つようにしましょう。

また、ホルモンバランスの変化は、赤ちゃんだけでなく、あなたの体のあらゆるところに影響が出ます。

例えば、一番分かりやすいのがツワリですが、細かいところでは味覚が変わったりもします。
そんな中で、体の表面に出てくるのが、ホルモンバランスの変化によってニキビが出やすくなってくるのです。

その上、女性は妊娠したとわかると、母性本能が沸いてきたりしますが、男性はお父さんになるという自覚がすぐに生まれてくるわけではありません。

妊娠中のストレスや体のつらさは、旦那さんにはわかりにくいものなので、雑誌などを見せたりして大変さをわかってもらったり、悩みや不安は口に出してパートナーである旦那さんへ伝えていくとよいでしょう。
そうしないと一人でストレスを溜め込んでしまうことになるので、用心してくださいね。

妊娠中のお肌のお手入れ

妊娠中に限らず、お肌のお手入れはしっかり普段からしておきたいです。
でも、妊娠中は特に念入りにお手入れして、気分をリフレッシュさせておいてください。

なんといっても、クレンジング。
ニキビ用の洗顔石鹸などを使ってもいいのですが、オイルクレンジングや油性のジェルクレンジング等は使わずに、できるだけ肌に優しいクリーム系の洗顔料で洗顔するように気をつけましょう。
あと、洗顔するときのポイントとしては、乾燥肌の人は、お風呂の温度より低い程度のぬるま湯ですすぎ洗いをしましょう。

その一方で脂性の人は、やや高温(30度~32度)ですすぎをしてください。
あまり、すすぎを念入りにやりすぎても、お肌の潤い成分がなくなってしまうので、ほどほどにお願いします。
そして、過度な内臓脂肪の増加は危険なので、くれぐれも体重管理をしっかりしましょう!!

ストレスとニキビの関係

ストレスにきび 人間関係に悩んだり、疲れがたまっていたり、ストレスって簡単に解決できない場合が多いですね。
特に仕事絡みのストレスを抱えている人は、ストレス解消に向けて「仕事を辞めまーす!!」なんてわけには、簡単にいかないですし。

ただ、ご理解いただいておきたいのは、ストレスによってホルモンのバランスは崩れやすく、ニキビとストレスは深い関係があります。
ニキビだけでなく、肌荒れやアレルギー性湿疹など、ストレスを過度に感じた時に出てくる、初期症状がニキビを含む肌荒れだと思ってください。

ニキビを完治させるには・・・

この症状は、いくら皮膚科や薬局にいって薬をもらっても、症状を緩和させることは出来るかもしれませんが、完治は無理です。
本当に完治したい場合は、ストレスの元を断ち切るしかないのです。

ただ、ストレスの元を断ち切るといっても、簡単にはいかないので、まずは簡単に始められる生活環境を変えてみる事から始めましょう。

睡眠をよくとって、生活のなかでリラックスする時間を作ってみるとか・・・
心を落ち着けるアロマなども効果があるかもしれませんね。
ストレスからニキビが悪化して、さらにストレスになる・・・なんてことにならないようにしましょうね。

ストレスにきびは掻いちゃ駄目

ストレスにきびストレスの影響と考えられる代表的なものに掻破行動があると言われています。
掻破行動とは、掻き毟ってしまうこと。

本来、にきび自体には痒みはないのはずなのに、ストレスが溜まるとニキビが出来ている患部が気になって頻繁に触ったり掻いたりしてしまうことがあるのです。

また、ストレス性ニキビで悩んでいる人の特徴として、気になりだすと掻破行動が止まらないという特徴もあります。
にきびは掻き破ると炎症が強くなり、治りが遅くなります。
繰り返しているうちに慢性化し、にきび跡が残りやすくなるので、意識をしてニキビに触れないように努力をしてください。
既に皮膚に跡が残ってしまっているようであれば、皮膚再生効果を持つオーラスキン等のEGF化粧品を試してみるのもいいでしょう。