腎臓病を極力進行指せない為に食事制限をします

腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病を極力進行指せない事と、健康状態の維持になります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法次第で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析導入を遅らせることができます。また、透析導入後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は重要視されます。人体に必要な3大栄養素(これを気にして献立を考えるのは非常に大変です。でも、家族の健康を維持するためには必要なことだといえるでしょう)に糖質・たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)に限っては分解されても7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。それ故、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)の摂りすぎは宜しくありません。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)の量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日換算で約30g~40gです。薬物療法と食事療法がCKD治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の要となり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行なうことが大事です。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、高血圧治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、いわゆる蛋白制限食は不味い、あるいはカロリー不足などの懸念から、実行に移せない方がたくさんいます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)が多くふくまれており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)が多く入っているのです。おやつは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)を摂取してしまいます。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個分と同程度のたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)が内包されています。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。標準体重を約60kgと仮定すると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品のたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)含有量についても食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。このような食事療法については、栄養士の指示で具体的に応用した食事を作る事も可能です。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。尿を作る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球をつくり出したり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は持ちろん病院にきてそれに応じた治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)をうけることが望ましいですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生のままの野菜や果物と比較するとカリウム含有量は極めて高いものが多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、どのようにして献立を考えたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)用特殊食品の使用が要となりますから、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)や食塩を摂取しているかをチェックします。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、どの程度たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。日々の食事で得たたんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓の内部で分離され、残った老廃物は尿とともに体外へ出されます。たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を保つためにも、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)の摂取量には気を配る必要があります。けれど、たんぱく質(アミノ酸が多数結合した高分子化合物で、必ず炭素、酸素、窒素、水素を含んでいます)は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適切な量は摂取する必要があります。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。
購入はこちら⇒腎臓病 クレアギニンEX

カテゴリー: 未分類 タグ: