腎臓病の改善は食事療法とクレアギニンEXに限る

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされていますね。もし標準体重が60kgくらいだったら、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。たとえば、食品に含まれる蛋白の量をしりたいときはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいだといえます。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で具体的に応用したご飯を創ることも可能です。開業医さんでご飯指導が難しい場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思いますね。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっていますね。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を創り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。腎臓病のご飯療法の目的は、腎臓病を極力進行指せない事と、良好な体調の存続です。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法をもとに腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、体調を保ちながら安定して透析をつづけていくために、ご飯療法は非常に重要な治療法です。CKD治療の柱は薬物治療とご飯療法になり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。減塩と蛋白制限がご飯療法の要となり、減塩食は高血圧(本態性高血圧症と二次性高血圧に分けられます)において治療をしやすくし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されていますね。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますねが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となりますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明瞭にします。一日における排泄物を検査し計算をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかをしることが可能です。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担がかかります。ですので、常日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、使用する食品の種類や調理の際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものには意外にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいますね。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個と同量くらいのたんぱく質が入っていますね。ご飯によって獲得し立たんぱく質は、新陳代謝(夏目漱石が造った言葉だという説もありますが、真偽のほどは定かではありません)によりエネルギーに変わりますか、大なり小なり老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓中で分解されて、不要な老廃物は尿として体外に追い出されるのです。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいますね。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>腎臓病クレアギニンEX

カテゴリー: 未分類