摂食嚥下障害専門の看護師さんに介護食について聞きました

介護食は食べやすい状態にすることはもちろん、介護する側もご飯を用意する負担を減らすためにも、専用の調理器具があるととっても助けになります。介護食の特性は柔らかく、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役にたちます。マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをお奨めします。完成された料理をその通りペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目も味もオイシイと感じられないものでした。入院生活を送っている高齢者の方のご飯が進まなかったのは噛めないのではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるご飯はつくらないと決意しました。入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後のご飯について伺ったら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくとご飯準備に手間取らないと分かりました。年齢を感じさせない体力と健康を維持するためにカロリーを、 いつまでも体を活発に動かせるように良質なたんぱく質を摂取した方がいいでしょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂るといいですよ。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまたちがう多様なアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日多様な食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、いつまでも健康でいられるそうです。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。介護食はご飯が思うようにできない方のためのご飯ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食は程度によって分けられています。嚥下食ピラミッドはすべてのご飯を摂食・嚥下の難易度にあわせて、普通食から嚥下食までが6つの程度に分け、どの段階の方でも美味しくご飯ができるように、食物のやわらかさなどを統一することにより、病院や施設だけでなく家庭でも安全にご飯を行うために非常に役たつ目安です。老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理担当が作ったお料理を用意していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。そしてさらに施設によってはどんな食材かわからないほど細かく刻まれたご飯ではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。加齢や怪我そして病気などによって、固いものが上手に食べられない、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。介護用の食品にはご飯に対するどんな悩みでも解消できるように、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。介護を受ける方もその家族も、どちらにとっても嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、オイシイものを食べたいという考えがなくなり簡単にご飯を済ませてしまうことが多くなります。そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにした方がいいでしょう。あまりご飯をしたくないとき、おかゆを食べるだけで安心していませんか?おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにした方がいいでしょう。ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このままでは要介護の状態になる可能性が高いことをいいます。そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすをさす「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや座ったりなどの日常生活が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態になってしまうといいます。そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態の全ての原因なのです。見た目が良くて美味しそうな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。ご飯のし易さに重きを置きすぎて、ご飯本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食べたくない気持ちが大きくなってしまいます。食べる動作に無理は生じないか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。年齢といっしょに口の中でつくられる唾液の量は減ってくるため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまう事により、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。昔からよく食べていたものを食べることが難しくなり、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまうおそれもあります。その他お年寄りにみられる特性として、若い頃よりも食欲がなくなるため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、ご飯量自体が減ってしまい栄養不足になっていることがあります。もっと詳しく⇒介護食 宅配 ランキング