背中ニキビの保湿にはクリームが必須!

大人になってから発症した背中ニキビは、不規則な生活を送り、ねぶそくがちで、食生活の乱れなどが要因となっています。自律神経が不安定になると、同じくホルモンバランスも崩れて、肌トラブルに繋がります。ひとまず不規則な生活を見直してみましょう。ビタミン類を積極的に摂るなど栄養バランスにも注意し、不規則な生活を辞め、よく寝ることが大切です。肌の代謝が活発になるPM10時からAM2時の間に、しっかり寝ておくことはストレス軽減にも繋がります。多大なストレスがかかると交感神経が活発化して、背中ニキビをもたらす糖質コルチノイドが造られます。清潔な寝具で十分な睡眠をとることは、ストレスカットにも貢献しニキビが発生しないようになるうれしいニキビ予防法です。背中ニキビの発生は肌がカサついたり、ねぶそくや疲れといった物理的ストレスに、そして精神的ストレスです。大きなストレスをうけることで、自律神経のうち交感神経が活発になり始めます。交感神経が優位になったら、過剰に男性ホルモンが分泌されるようになり、ホルモンバランスの正常値が崩れてしまいます。男性ホルモンは皮脂分泌の促進作用があり、角栓を発生指せ、その上毛穴の縮小を引き起こします。背中や二の腕・お尻・太もも、またふくらはぎなどにブツブツができている場合には、毛孔性苔癬かも知れません。毛孔性角化症といわれることもあり、その原因は古い角質の肥厚化です。一見ニキビのようですが、大きなちがいは細菌による炎症ではない点です。原因としては遺伝的要素が強く、年をとっていくにつれて自然に治るケースも多いようです。人には誰しも、皮膚にマラセチア菌という常在菌が棲みついており、このマラセチア菌は皮脂を好む性質を持っています。皮脂が詰め込まれた白ニキビの中は、マラセチア菌には最も好ましい環境です。ニキビの内部へマラセチア菌が侵入すると、大量の皮脂を餌にどんどん増殖し、トリグリセリドといわれる、皮脂にふくまれる中性脂肪を遊離脂肪酸という刺激物質に変容指せてしまうのです。背中を洗う際には、汚れが気になるからとはいえ、綿編みタオルやボディブラシのようなもので力強く洗ってはいけません。強い刺激を与えて肌のバリア機能を弱めたり、すでに背中ニキビができている場合には、傷がついたら炎症がもっと悪化してしまいます。汚れや余分な皮脂、また古い角質などはきれいにしなければいけませんが、こすり過ぎは厳禁です。背中ニキビを阻止したいなら、まず挙げられる原因は、お風呂にあります。洗顔には気を配るものの体を雑に洗ってる人は要注意です。背中ニキビは、わざわざ鏡を二枚使って見ようとしないかぎり、探すことが難しいのに、タンクトップなど背中が露出する服をまとうと、他人からは割と目立ってしまう、非常に厄介な肌トラブルです。背中ニキビを改善・予防するのに積極的に摂りたい栄養素としては、ビタミンB群です。豚肉・レバー・乳製品などがふくむビタミンB2、カツオ、マグロ、鶏ささみなどが含有するビタミンB6には、皮脂の分泌を減らします。かぼちゃやにんじんがたっぷりふくむビタミンA、ゴマや玄米にふくまれる亜鉛、レモンやイチゴにふくまれるビタミンCは、粘膜や肌を健康にし、新陳代謝をよくします。顔や胸にはニキビなんて見られないのに、ただ背中ニキビのみが深刻化してしまう人も多いようです。顔にできるタイプのものとはちがい、背中ニキビは深刻化するまで気がつかない場合も多く、気付いた時にはすでに慢性化し、長い治療が必要になる事があります。ひどくかゆかったり、痛んだりする場合は、出来る限り専門医を受診して下さい。炎症が強かったり重症化してしまうと、ニキビ跡を背中に残してしまうかも知れません。背中ニキビへのアプローチは大人ニキビと同じくローションでビタミンC誘導体を含んだものや化粧水によって保湿し、毛穴にフタをしている角質をピーリングすることが中心になります。ピーリングはクリニックだけでなく、自分でも簡単にできます。入浴時にピーリング石鹸を使用すれば、古い角質を取り除くのは当然ですが、薬剤を肌に残すおそれもなくなります。入浴後は保湿をしっかりと行うことも大切です。引用:背中ニキビ保湿クリーム