クレアチニンの高い数値を下げるのにも水分摂取が重要!

肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけて下さい。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多く含まれています。オヤツは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が入っています。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を含んだご飯を創る場合、細かく切り分けて水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、個々の食品や調理を行う際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、搾るようにすると、より多く除去できます。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせることが出来る場合もあります。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に取り組める最善の手法になります。腎臓病を患う方にお奨めしたい、たんぱく質の控えめな調整食が存在するんです。ご飯管理をつづけていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が落ち込む程に、今以上に考えてご飯を管理しないとならない状況に陥ります。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も伴います。ご飯内容は自己流で判断せずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が落ちてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン量が飛躍するので、クレアチニン値が低くなります。ご飯をして摂り入れ立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、あるていどは老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に悪影響を出します。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適量は摂り入れるようにしましょう。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、良好な体調の存続です。人工透析の要らない保存期のうちは、食事療法を元に腎不全への進行を遅らせることができて、人工透析導入を遅らせることができてます。また、人工透析導入後も、できる限り健康体で人工透析をするために、食事療法は必要不可欠です。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分のみでなく水分の調整ももとめられます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分の制限のみで済みます。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので正常な血流がおこなわれず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、増加する事態になります。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の誘因になったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを常にキープする事が入り用なのです。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>クレアチニン下げる水分